鳴海製作所娯楽部

悪役令嬢がいっぱい!?~わたくしだけでも破滅フラグをへし折ってさしあげますわ!~

¥2,500

あなたも わたしも 悪役令嬢!

ゲーム概要

  • 乙女ゲームの世界に転生!?しかも破滅必至の悪役令嬢に!!
  • 別の乙女ゲームキャラまで登場して前世の知識は意味ないし!
  • とにかく断罪を免れるために破滅フラグを折りまくらなきゃ!
プレイ人数 3〜5人 プレイ時間20〜40分
対象年齢13歳〜 価格2,500円
発売時期2020秋 予約
ゲームデザインはむお イラスト・DTP秋月秋名、海産物、鞍掛りく、とよだたつき、三上ミカ、なるみ

ゲーム詳細

PDFマニュアルはこちら

 

★ストーリー

「あれ……? わたし、『恋ジェラ』の世界に転生してる!?しかも破滅確定の悪役令嬢!!」

こうなれば前世(?)の記憶を駆使して、より良い生活をしようと目論むが、何やら様子がおかしい……。

「……! あの娘、別のゲームのライバルキャラじゃない?」

よく見たらあっちにもこっちにも別ゲーのキャラが……。
もしかして、この世界…………バグってる!?
と、とにかく破滅フラグを折れるだけ折って、何としても断罪されるのを避けなくっちゃ!

そう、他の悪役令嬢たちを蹴落としてでも……!

 

★内容物 カード計86枚

  1. 悪役令嬢カード ×6枚
    転生先である悪役令嬢を表したカード。
    悪役令嬢が持つチート能力(効果)が書かれた面と、悪役令嬢の紹介が書かれた面がある。チート能力を使わない場合は、ゲームの準備で紹介面を表にする。

     
  2. 破滅フラグカード  × 63枚
    悪役令嬢の破滅の予兆を表すカード。 手札として使う表面と、“破滅フラグ”として使う裏面がある。

     

  3. 通常イベントカード ×12枚
    悪役令嬢たちが巻き込まれる(?)イベントを表すカード。

     

  4. 断罪イベントカード  × 3枚
    悪役令嬢たちの運命が決まるイベントを表すカード。

     

  5. サブカード ×2枚
    悪役令嬢≪エリザベス≫、≪シャーロット≫のチート能力(効果)で使うカード。

 

★ルール説明

ゲームの目的(勝利条件)

5日後に発生する断罪イベントで破滅しないために、淑女ポイントが6点以上になるように目指します!
さらに、もっとも淑女ポイントが高い悪役令嬢が人生の勝者になります!

※簡単に言うと、「淑女ポイントが6点以上で、一番淑女ポイントが高い人が勝ち」です。

 淑女ポイントはどうやって稼ぐの? 

「破滅フラグの有無」「これまでの行動」によって淑女ポイントが算出され、6点以上ある悪役令嬢は破滅を免れることができます。
5日間で起こるハプニングへのあなたの関与を否定して、破滅フラグを折っていきましょう。

 

 

ゲームの準備

  1. 好きな悪役令嬢カードを1枚受け取る(無作為に配っても良い)
  2. 断罪イベントカードを1枚無作為に選んで、裏向きのまま置く。
  3. 通常イベントカードを4枚無作為に選んで、2. の断罪イベントカードの上に裏向きのまま重ねる。
    (残りの断罪イベントカードと通常イベントが使わないので裏向きのまま片付ける)
  4. すべての破滅フラグカードをよく混ぜて、悪役令嬢全員の前に破滅フラグとして裏向きのまま3枚配る。
    残りは裏向きのまま『山札』にする。
  5. じゃんけんなどで親番を決める。親番の悪役令嬢から時計回りで進む。
  6. 悪役令嬢全員が『山札』『山札』からカードを3枚引く。
    このカードは『手札』になる。その後、「転生チート」ができる。


 

ゲームの流れ

  1. イベントカードの上から1枚めくって表向きにする。めくったイベントがその日に発生する。
  2. 1番目の悪役令嬢(親番)から、右回りで順番に以下の手順を行う。
    A 手札のカードを表舞台に出す。
    B パスをする。
    ※上記の行動に加え、悪役令嬢が持つチート能力(効果)をゲーム中1回だけ使うことができる。
  3. 悪役令嬢全員が行動したら、親番が左隣りの悪役令嬢に移る。

 

13を合計5回行う。最後の断罪イベントを悪役令嬢全員が終えたら、断罪イベントに記載された点数に従って淑女ポイント(得点)の算出を行う。

淑女ポイントを1番貯めた悪役令嬢は人生の勝者となります!
5点以下の悪役令嬢は処刑/国外追放/修道院送りとなりますので、気合いを入れて破滅フラグを折ってください♡

 

 

自分の番にできることの詳細

A 手札のカードを表舞台に出す。

  1. 手札から1枚自分の表舞台にカードを出す。
  2. 出したカードが効果をもっている場合、その効果を使う(効果を持たないカードもある)
  3. めくったイベントカードの「カテゴリ」と、出したカードの「カテゴリ」が一致したなら、自分の破滅フラグ1枚を手札に移す。一致していないなら、山札からカードを2枚引く。
    (出したカードの「カテゴリ」が複数ある場合、どちらかが一致していればよい)

B パスをする。

手札がない、使えるカードがない、使いたくない場合、パスをする。パスをした場合、カードを1枚引く。

 

 悪役令嬢のチート能力(効果)を使う 

A/Bの行動に加えて1ゲームに1回だけ、使用する条件を満たしていれば、それぞれの悪役令嬢が持つチート能力(効果)を使うことができる。
悪役令嬢の効果を使うのはA/Bの行動の前後どちらでも構わない。

ゲーム体験

スタンダード,