三恵社@ボドゲ部

本の出版社が出版社の苦悩?を世に知らしめます。

『返本or実売(デッドオアアライヴ)』のコンポーネント紹介【アクション編】
2022/4/22 0:08
ブログ

こんにちは、サンケイシャ ボドゲ部です。

ゲームマーケット2022春の開催に向けて、
我々の販売する『返本 or 実売(デッドオアアライヴ)』のゲーム紹介をしていきます👏

 

ゲーム概要

あなたは様々なジャンルの本を発行する出版社。
『返本』を避けつつ、『実売』を増やしながら、売上No.1の出版社を目指すゲームです。

書店の売れ筋に合わせて、5種(3~4人プレイ時は4種)のジャンルの中から新刊を選びます。
話題のジャンルを独占したり、他の出版社が出す人気ジャンルに乗じて競合しながら、
アクションの回数を増やし、出版しましょう。

ただし、出版したからといって売れるとは限りません。
返本が2つ溜まると、実売が1つ減ってしまうので、予測をうまく使うことも大切です。

手番が1周するまでに、最も実売数が多かった人が勝利です。

 

アクションカード紹介

今回ご紹介するのは、「アクション(ACT)」をサポートするカードです。


アクションとは?

新刊カード』を出して得られる行動のことです。
アクション1回につき、『予測』あるいは『出版』のどちらか一方ができます。
『新刊カード』によって、どちらかの行動に制限がかかる場合もあります。

アクションの回数や行動制限について、
詳しくは『新刊カード』の紹介文をご覧ください。

👁予測👁 ¥出版📚

山札の一番上の「販売カード」を自分だけ見て、
山札の一番上に戻すか、裏向きで捨て札に置く

「販売カード」を山札の一番上から1枚引き、
全員に公開して獲得。 

 ※『予測』で見た「実売」の「販売カード」を獲得するには、
山札の一番上に戻した後、『出版』のアクションが1回必要になります。

勝利のため、『出版』をおこない、『実売』『実売×2』を多く集めましょう!
とはいえ、『返本』が2枚溜まると『実売』が減るため、
できるだけ『予測』を使って避けることも重要です。

ただ、『実売』数が同じ場合、「販売カード」の枚数で決着がつくので、
多少リスクを負って積極的に『出版』しないと、勝つことが難しくなります。


ゲーム紹介ページはこちら
予約ページはこちら
★1日目 2022年4月23日土曜日【ニ18】に出展

出版社の仕事に興味がある方は、冷やかしでも構いませんので、ぜひお立ち寄りください🙇

YouTube