架神恭介ワークス&BoDoGeGo

『戦闘破壊学園ダンゲロス』『ダンジョン&ダンゲロス』などを開発した架神恭介ワークスと、ボードゲーム専用マッチングアプリ『BoDoGeGo』による共同開催ブースです。

【ぬらりひょん】魔王大戦ブットバクラッシュ【キャラ紹介】
2021/10/9 9:45
ブログ

『ルール編』『ゲームの魅力編』に続き、『魔王大戦ブットバクラッシュ』に登場する魔王(プレイヤーキャラ)を紹介していくぞ!

本日ご紹介するのは、トーノ地方を拠点とする老練なる魔王、ぬらりひょんだ!

 

<キャラクター説明文>

北東のトーノ地方を根城とする魔王で「百鬼組」組長。種族はゴブリンの最上位進化形態「ゴブリンロード」。他者の上前をはねることに至上の喜びを感じる性格で、支配地の魔族・魔物・人間から多額の税金を徴収している。一方で「たくさん上前をはねるためには安心して働ける環境が必要」との持論から、支配地域のインフラ整備、労働状況改善、起業援助、治安の安定などに心を砕いており、失業率は驚異の1%弱。「戦争はビジネスの手段」と考えており、無意味な争いは好まないが、逆に言えば、カネになるなら戦う。

 

支配地の民から重税を取り立てる恐るべき魔王だが、その分、福祉が充実しているので、実質的にはただの福祉国家だ。恐ろしい! 支配地域の人々は魔王の暴虐な支配に怯えながらも定時になると全員仕事を終えて家族と団らんを楽しみ、有給休暇を使って長期旅行を行ったりするぞ。恐ろしい! なお、固有能力「妖怪コレクション」のコレクションとは徴税の意味である。恐ろしい!

防御成功時のカネ奪取は金額自体はそれほどでもないが、「なんでカネを奪いに行くのに、逆に奪われねばならんのだ」という意識が働くために、ぬらりひょんを攻撃しづらくなる。防御兵をたくさん並べてプレッシャーをかけていこう。

 

<こんな人にオススメ>

・アクション要素が苦手だ。

・攻撃するよりも防御を固めて堅実に行きたい。

・人を精神的に威圧することが大好きだ。

 

次回は超攻撃タイプの火力バカ魔王「レッドドラゴン」を紹介するぞ!

 *

魔王大戦ブットバクラッシュは2021ゲムマ秋にて先行発売!!!

<公式サイト>

 

『魔王大戦ブットバクラッシュ』

プレイ人数:1~5人
プレイ時間:40~80分
推奨年齢:9歳以上
ゲムマ販売価格:5500円

<ストーリー&ルール紹介>
<魅力紹介>

 

同時発売『拡張ダンゲロスコラボ』


ゲムマ販売価格:1500円