えーびっく

横浜で広告撮影を行っているスタジオを運営するフォトグラファー集団。 スタッフの趣味がこうじて、スタジオに有るデジタル/アナログ機器を駆使して、ボードゲームを自主制作しました。3DCGモデリングソフトで自作した3Dモデルで、ボードゲームの戦車のコマを出力したり、1個づつ手作業でコマに塗装を施したり、ゲームメカニクスを考えたりと、楽しんでボードゲームを制作しています。制作物は3DCDか写真ベースで箱等も全て手作業です。仲間内で楽しんでいたのですが、今回2020年春のGMで初めて参加させて頂く事になりました.

A-Vipc Games(えーびっく)
2020/7/30 17:50
ブログ

1939年に満州とモンゴルの国境紛争でお互いの同盟国、日本VSソビエトの大規模な戦車戦闘が勃発。機械化部隊黎明期のこの戦いをボードゲームにした『ハルハ河の砲声』。そして今回、続編(拡張ボード)として、本編の3ヶ月前に起きた戦闘『第一次ノモンハンの戦い』をリリース致しました。ゲームマーケット様のECサイトに登録致しましたので、8月に入れば購入可能になると思います。今回は前作で活躍した後の日本の主力戦車九七式中戦車より前の日本初の正式採用国産戦車、八九式中戦車や、37mm速射砲などが登場します。

八九式中戦車37mm速射砲

詳細情報は下記HPに掲載しております。ご興味が有ればご覧ください。

https://a-vipcgames.amebaownd.com/