ORUCAgames

初めましてこんにちは、外鴨なきくと申します。「ORUCAgames」という名前のサークルやっています。過去のゲムマやエッセンシュピールで『最強ガキ大将No.1』『教会VSルティン・ルター』『NumberplaceCity』『おててアーティスト』を出しました。新作の『ツーシーソー』をゲームマーケット2022春に持って行きます。

「Numberplace City」のコンポーネントのご紹介
2019/10/30 0:55
ブログ

みなさん、こんばんは。
オルカゲームスの外鴨なきくです。
前回「NumberplaceCity」の簡単な紹介をさせていただきました。
そして、ブログを読んだ方から、「頒布価格は?」と、指摘を受けました。
そうです、大事な情報を伝え損ねていました! 僕も買う側の立場の時大いに気になるやつです!!
そこで、頒布価格をはっぴょーします。
じゃん! 頒布価格は四千円です。わーい。

えー、コホン、とりあえず、今日は予定通り、コンポーネントの紹介をしますね。
箱の表側です。箱のサイズはA4サイズです。イラストはMoyyさんです。



で、こちらは箱の裏側ですね。アートデザインは少年(葵屋)さんです。



次は中身。とりあえず一番大きなコンポーネントの、ボードです。40センチ四方の四つ折り式で、両面おなじデザインです。ゲームが深海に海底都市を建設するテーマなので、海っぽいですね。



3センチ四方のタイルが87枚と、見えづらいですけど、半透明キューブが4個。タイルの内訳は、ナンバープレイスなので、1から9がそれぞれ9種類と、スタピマーカーと、点数タイル5枚ですね。



最後は衝立ですね。海底都市を建設するマシンです。写真撮り忘れてますが、裏にはゲーム進行用の図があります。



あと内容物としては説明書が日英独仏の4枚ありますが、それは次回に紹介します。みなさんあまりドイツ語やフランス語の説明書に興味ないですよね(^^; でも全部に付いてきます!

 

んじゃ、また~。