ACT Create

ゲームマーケット2020秋に 11月14日(土) に出展いたします!
一人でみんなで楽しめるゲームをご用意させていただきます。
[新作]5作目は「SOSPETTO-訝しい武具職人-」
[春作]4作目「FourDigits」

【SOSPETTO】胡散臭い調剤師(4)
2019/10/24 22:15
ブログ

ACT Createの紅灯無形です。
2019年秋の新作は『SOSPETTO-胡散臭い調剤師-』となります。
 


「素材カード」を集めて「権利カード」を手に入れるのは周知のとおりだな、
今回は前回に続いて全員同時に行う【権利取得パート】を紹介していくとするか。
手元にある「素材カード」をもとにどの「権利カード」を手に入れるか選択する。
手順は簡単に2つだ、簡単だが頭を悩ませるぞ。

 

 

【権利取得パート】

各プレイヤーが取得したい権利を選択し、他の誰ともバッティングしなかった場合獲得できます。
もちろん、取得する権利を放棄しても構わないし、素材が足りなくても権利を取得しても構いません。
ただし、最終的に素材を補填できない場合はペナルティが発生します。

 

手順1:取得する権利を選択

場の「素材カード」は1~4(2人のときは1~3)の番号が割り振られているため
各プレイヤーはそれぞれに配られているサイコロで取得したい権利を示します。
この時、他の人にはどの権利を示しているかは非公開としてください。
また、存在しない番号を選択した場合は権利取得を放棄したと判断します。

 

手順2:取得できるかのチェック

全員選択が終わったら同時に手順1で示したサイコロを公開します。
この時、誰かと同じ番号を選択している場合はその全員が権利を取得できません。
それぞれの「権利カード」はただ1人が権利取得を示した場合のみ取得されます。

取得できた場合…

「権利カード」を取得した場合は「権利カード」が示す属性の「素材カード」を手札から公開します。
この時に利用した「素材カード」の価値の合計を獲得した得点として取得します。
この得点が最終的に一番大きな人が勝者となります。

「素材カード」を公開できない(又は一部のみ公開した)場合は不足素材をゲーム終了時に補填します、
また、補填できなかった場合はペナルティとして得点が減点されます。
ただし、補填できなくてもその「権利カード」は手に入れた扱いとなるため、
取得した「権利カード」の組み合わせによるボーナスポイントを得ることができるかもしれません。

 

今日の協力者