BBBox

2015年から『ランチボックス』にてオリジナルゲーム制作開始。

翌2016年には個人制作を始め、処女作『うんちばさみ』を発表。

ランチボックスと並行して制作を進めながら、個人としてコミケにも出展。

2019年春には、個人としては初めてゲムマ出展の予定。

BBBox2019秋最新作『ヒ秘』ルール解説③
2019/10/7 0:08
ブログ

BGM:Metallica『To live is to die』

 

 

『ヒ秘』は裏返された16枚のタイルをめくってエサや水場を見つけ出し、コブラやヒョウ、そしてライバルの強奪を避けて群れを成長させていく神経衰弱型育成ゲームです。
タイルは数回めくられると消費され新しく入れ替わり、ときには火事で一気に焼け野原になります。重要なエサ場や天敵の居場所を覚えて日没までにエサを確保しよう!

 

【タイルの効果:前編】

ヒ秘には27枚のタイルに14種のアイコンが画かれています。(内1枚はオプションルール用です)14種のアイコンにはそれぞれ意味があり、ヒヒの群れを成長させたり逆に群れを弱体化させたりします。また、タイルの中には複数のアイコンが描かれているものもあり(ほとんどのものがそうですが)それらは重複して効果を発揮する場合もあります。

タイルを覚えて、上手に群れを成長させていきましょう♪

 

・エサ(4枚)



イチジクが描かれたタイルからはエサを得ることができます。エサトークンを自身のエサストックフォルダーに置きます。もしイチジクが2個描かれていれば2個のエサトークンを得ます。エサストックフォルダーのキャパシティを越えて得ることはできません。

・ウサギ(4枚)



ウサギが描かれたタイルからは“リーダーシップ”を得ることができます。ウサギが2匹描かれていればリーダーシップも2増えます。ウサギの描かれたタイルには緑とオレンジのものがあり、オレンジのタイルは効果を発揮したらすぐに捨て場にいきます。

・水場(6枚)



水場では、獲得したエサを消費することでヒヒの群れを1増やすことができます。エサは同時にいくつ消費してもよく、一度に複数の群れを増やすこともできます。

・オアシス(1枚)



オアシスは水場と同じ効果ですが、後述する火事の影響を受けません。

・ヒョウ(2枚)



ヒョウに出逢うと、群れが1小さくなります。食べられちゃうのです。

・コブラ(2枚)



コブラはヒヒに出逢うと、防衛本能で攻撃を仕掛けてきます。同じタイルに居るヒヒはリーダシップの値が1下がります。また、上下左右に居るにいるヒヒもとばっちりを食います。

後編へ続く。

 

 

BBBoxのその他の作品はコチラ

通販もしてます♪