遺産武装

強く生きる、がモットー。自作ボードゲームを企画〜デザイン・製作〜販売しています。 <出品ゲーム> 『どうぶつカードバトル』:どうぶつのカードを出し合って、場のりんご・さかなを取り合う白熱読み合いゲーム!(←化粧箱new!!) 『ゆうしゃBがあらわれた ゆうしゃCがあらわれた ゆうしゃDがあらわれた』:魔王を倒すのは誰だ!勇者同士のバトロワ! 『ラップかるた3』:誰でも簡単にラッパーになれる!オリジナルビートであなたもラッパーに! 『Re:Memoria』:小説×ボドゲの協力ゲー!プレイヤーが変わればストーリーも変わるマルチエンディングをご用意。 『From the Golden Records』:宇宙に遭難した宇宙飛行士が、自分の居場所を信号で伝える推理×パーティゲーム!

笑えないお笑い芸人/「ぜったい倍にしてかえすから」
2023/12/5 22:20
ブログ

BLUE GUILD 2023年秋出展

「ぜったい倍にしてかえすから」

 

登場する5人のキャラクターのうちの1人

お笑い芸人の秘密について

公開します。

※前回の「絶望のミュージシャン」から見ていただくとよりおもしろいです

事前予約はこちらから

↓↓

 

 

 

「お前さぁ、投資とか興味ない?」

「お、お疲れ様です。投資っすか?」

「そうだよ、投資」

「投資ってあれですか? 証券会社とかの」

「お、詳しいじゃねぇか」

「大学のゼミの友達がいまして……でも俺、金無いっすよ?」

「馬鹿だなぁお前。何も知らねえんだな。無けりゃ借りりゃいいだけじゃねぇか」

「借りりゃいいって、俺らって金借りられるんですか?」

「お前、バイトは?」

「してますけど」

「月どんくらい?」

「手元に残るのは10万円とかっすかね」

「ってことは30万くらい稼いでんだろ?」

「まぁ、もうちょい少ないくらいっす」

「……増やしたくねぇか?」

「……増やしたいっす」

「そんなお前に、いいことを教えてやろう。っとっとっと。こんなところで話す話じゃねぇわな。喫煙室行こうぜ」

「秘密話っぽいっすね」

「あんまり知られるとライバル増えるだろ」

「投資ってライバルとかあるんすか? あ、お疲れーっす」

「そりゃ仕組みなんて知ってるもん勝ちなんだから、俺らだけで独占したくね?」

「あ、出てっちゃった。あの人演奏してましたっけ?」

「あぁ? さぁ、知らねぇよ。手伝いとかだろ」

「バンドマンも大変っすねぇ」

「女にキャーキャー言われているバンドマンの何が大変なんだよ」

「そりゃ先輩モテないっすもん」

「うるせぇよ」

「すいやせん」

「そんなことより、話の続きだ。俺の知り合いにな、700万円まで貸してくれる会社がある」

「ななひゃっ……!」

「馬鹿! 声でけぇよ」

「……だれも居ないからいいじゃないっすか」

「どこで誰が聞いてるか分かんねぇだろ」

「……700万ってマジっすか?」

「おうよ。投資っていうのは元手が大事だからな」

「まぁ、たしかに10万円とかでしこしこやっても意味無さそうすもんね」

「というか、そんなの我慢できねぇだろ」

「まぁ、もらえるなら手っ取り早く欲しいっすけど」

「ライブで地道にとか待ってらんねぇんだよな」

「いやー先輩、多少売れてる人がそれ言います?」

「多少も多少だろ。全然だ」

「俺らよりマシじゃないっすか」

「あれ? そういえば相方は?」

「腹痛いつって帰りました」

「あれ? まだ一緒住んでんだっけ」

「そうっすよ」

「居ねぇなら仕方ねぇか。あいつの方がセンスありそうなんだけどな」

「いいっすよ。聞いたら俺、話しとくんで」

「いーや、ライバルが増える」

「そこのこだわり強いんすね。ていうかじゃあなんで俺なんすか」

「この界隈でお前が一番金持ってそうだから」

「全然っすよ?」

「毎月手元に10万残るなら万々歳だろうがよ」

「地道に働いているんで」

「だから、そこから抜け出そうって話だ」

「本題入ってくださいよ」

「……お前、青魚金融って知ってるか?」

「……CMとかやってましたっけ」

「話の流れで分かるだろ。ポンって700万貸してくれるところがテレビでCMなんて流すわけねぇだろ」

「……ヤミっすか?」

「そんなもんじゃねぇよ。投資専門金融機関って聞いた」

「うさんくせぇ~」

「元ブルギルの鯖さん、いるだろ?」

「あー、あの相方飛んじゃってピン芸人やってる」

「そう、あの人。あの人がそこから金借りて、めちゃくちゃでっかく当ててんだよ」

「どおりで最近劇場で見ないわけっすね」

「めちゃくちゃ優雅な生活してたぞ。もうお笑いやらないのかと思ったら、『いま生活に余裕できたから、こういう時間使ってネタ作る』って」

「あの人のギリギリで生きてる感が好きだったんだけどなぁ」

「それは言ってやんなよ」

「うーん」

「悩んでんじゃん」

「そりゃまぁ、羨ましいっちゃ羨ましいですからね」

「お笑いも楽しみながら、投資も楽しむ。最高じゃねぇか」

「で、俺らで第二の鯖さんになろうと」

「そういうことだ」

「よっしゃ! 乗った!」

「流石だ! じゃあ、今度連絡するわ」

「あざっす、待ってます!」

 

 そう言って、先輩は喫煙室から出て行った。俺はその後、他の芸人のライブを観て笑ったり、バンドの演奏を聴きながらキャーキャー言っている女の子たちを眺めたりして、家に帰った。バンドマンたちは機材とかをバンに積んでいて、忙しそうだなぁと思った。

 そういえば相方は腹が痛いと言って家に帰っていたが、大丈夫だろうか。薬局に寄って薬でも買ってやろう。

 しばらく歩いて、コロッケを買い食いしたり、銭湯のいい匂いを感じたり、落語を聴きながら薬局に寄ったり、薬を買ったりして家に着いた。

 

家に、着いた。

 

 家のドアが開きっぱなしだった。

 

不審に思って、ドアから中を覗く。見慣れない黒い革靴が乱雑に脱ぎ捨てられていた。おそらく3人分の。狭い玄関に所せましと脱ぎ捨てられた革靴のせいで、自分の靴の置き場が見当たらない。

踵の潰れたスニーカーをサンダルのように履いている俺は、玄関の外で靴を脱いで、部屋の奥に向かう。すりガラスのドアが閉まっていて、その奥で、黒い何かが動いたように見えた。

ドアが開いて、中の様子が見える。

 

黒服の男3人、和室の部屋に似つかわしくない姿。その男たちに囲まれ、ちゃぶ台で正座をさせられている相方。

 

「おう、帰ったか。お前の相方、お前の印鑑とお前の名前とお前の免許証で、ウチから700万借りてんだけど、どうしてくれんの?」

 

 

 相方はちゃぶ台の前で正座しながら、ボロボロ泣いていた。何が起きたのか、全く理解ができなかったが、俺はさっき先輩から聞いた話で合点がいった。

 おそらく、相方は知っていたのだ。この金貸しのことを。それで。

 それで?

 それで、何で俺の名義?

「こいつ、ウチから700万上限きっかり借りてよ、飛ぼうとしやがったんだよ」

 黒服の1人が、顎で相方を指しながら俺に言った。

「せめてもの罪悪感なのか知らねぇけど、ちゃんと電話番号は自分にしてんだよ。まぁ、そのスマホも捨てるつもりだったんだろ? なぁ!!」と言いながら、もう1人がちゃぶ台を蹴る。

 蹴る足を見て、こういう人も玄関で靴脱ぐんだ、と思った。おそらくこれは現実逃避だ。

 

「で、お前、返せる?」

「……はい?」

 現実逃避をしている俺の頭はうまく動作しない。

「か・え・せ・る・かって聞いてんだよ!」

 もう一度黒服が、ちゃぶ台を蹴った。

「……無理っす」

 俺は相方の顔を見るが、相方は顔を上げない。俺の顔を見ない。

 なるほど。分かった。

 

 俺は裏切られたのか。

 

 ネタ作り、真夜中のファミレス、舞台、ライブでの拍手、ツッコミの叩き、語った夢、嫌いな芸人の悪口、可愛かったファンとのやり取り、先輩との飲み会。

 これらがいっぺんに頭の中を過ぎていく。

 

「無理って言ってもさぁ……お前の名義なんだよね」

「いや、知らな」まで言いかけた時、相方が俺の顔を見た。

 なんだよその顔。お前が勝手にやったことだろうがよ。

「知らないって言っても、こっちこそそんな都合知らないっていうか。連帯保証人みたいなもんだわ。それよりタチ悪ぃんだけどな。お前の相方。馬鹿だよ。馬鹿でクズだ。それでもお前は、このクズのせいで700万の借金を負った。ウチに対してね」

「……」

「黙ってちゃわかんないんだわ。とりあえず、返せないなら、お前かこいつがどうにかなる。名義はお前だから、ウチはお前をどうにかしなきゃなんないわけだ。これが社会の道理。分かるか、“お笑い芸人”さん」

 言葉が何も出てこない。

 一瞬顔を上げた相方は、またしても顔を伏せた。

 

「……投資っすか?」

「あぁん?」

「……投資して返すって話を……聞きました」

「投資の経験は?」

「……無いっすけど。あ、鯖さんの」

「あ? 鯖?」

「いや……」

「鯖ってあいつじゃないっすか? 前にウチから700万借りた」

「あぁ……あの阿呆か」

「……やっぱりご存知で」

「あぁ……知ってるが?」

 黒服の中心に立っているリーダー各の男が、片頬を歪ませながら俺を睨んだ。

「……鯖さんが……投資で、稼いで返した……って」

「お前、最近あいつの姿見たか?」

「……いや」

 

「それは“そういうこと”だ」

 

 事実を認識して、足先から震えが昇ってくる。

 

「まぁ、正確には返せなくて“そうなった”わけではない」

 そう言いながら、リーダー各の男が、俺に向けて名刺のようなカードを投げつける。

 もちろんうまく受け取ることもできず、腕に当たって地面に落ちた。

 

「明日、そこに来い」

 黒服の男たちは、俺と相方を置いて、部屋から出て行こうと動き出す。

 

 すれ違いざまに、

 

「うまくいけば、鯖みたいにはならなくて済む」

 

 と、小さく言って、出て行った。

 

Twitter

https://twitter.com/BlueguildV