BBBox

2015年から『ランチボックス』にてオリジナルゲーム制作開始。
翌2016年には個人制作を始め、処女作『うんちばさみ』を発表。
ランチボックスと並行して制作を進めながら、個人としてコミケにも出展。
2019年春には、個人としては初めてゲムマ出展の予定。

『Troppo(トロッポ)』の説明③
2022/7/28 10:28
ブログ

あなたが迷い込んでしまったこの世界はちょっと不思議です。いつもの道のはずなのに、角を曲がると知らない道に出たり、丘を越えると元居た森に戻っていたり。まるでくるくると回るメリーゴーランドの上を歩いているかのよう。それがこの不思議世界『Troppo』なのです。

 

1人用デッキ型カードゲーム『Troppo(トロッポ)』は、3つのシチュエーション(場面)を往ったり来たりしながら幾つものエピソードをクリアし、最終目標である『ジュビーの証』『魔女の証』『ミノスの証』の獲得を目指すレガシー型アドベンチャーゲームです。

 

本作のメインであるフィールド(過去記事参照)には、各シチュエーションごとに上限枚数があります。例えば『濃霧の森』ならば4枚です。この枚数を越えないようにイベントをクリアしてフィールドの枚数を減らしていきます。

※写真は開発中のものです。

 

しかしそれでも上限枚数を越えてしまった場合は「DC(ディスカード)」と呼ばれる状態になり、そのイベントに描かれたペナルティーを受けることになります。

※写真は開発中のものです。

 

例えば上記のカードなら左上の『フォレストオーク』が森のイベントです。これが「DC」されると、黒マスのペナルティー「ダメージ2」を受けることになります。