えーびっく(A-Vipc Games)

横浜で広告撮影を行っているスタジオを運営するフォトグラファー集団。 スタッフの趣味がこうじて、スタジオに有るデジタル/アナログ機器を駆使して、ボードゲームを自主制作しました。3DCGモデリングソフトで自作した3Dモデルで、ボードゲームの戦車のコマを出力したり、1個づつ手作業でコマに塗装を施したり、ゲームメカニクスを考えたりと、楽しんでボードゲームを制作しています。制作物は3DCDか写真ベースで箱等も全て手作業です。皆様より色々とご意見を頂き、2022年春のGMでは前作『ハルハ河の砲声』をリニューアルした新作を発売したいと思います。 新作『ハルハ河1939』は戦車が増え、増加装甲などによる車両の改造、味方戦車と組んでコンバージョン攻撃など新たなメカニクスを搭載しました。また『バトルオブマレー1942』マレー半島とシンガポール要塞攻略戦の2シナリオ版です。更に新作が何とか間に合いました!新作は1945年のアルデンヌ高地でドイツ軍ティガー重戦車と連合軍M4+M10戦車の冬期戦闘を描いた『アルデンヌの虎』を発表します!どうぞ宜しくお願い致します。

土チ02 ドイツ戦車テイガー 登場 えーびっく
2022/4/21 11:02
ブログ

いよいよあさって土曜日にゲームマーケットが開催されますね。

今からみなさまにお会いできるのが楽しみです。

3Dプリンターで出力&塗装したコマを使用しますので、作れる数が少なく、どうしてもお値段が高くなってしまいます。ごめんなさい。

料金表を作成しましたので、参考にして、ぜひブースまで遊びにいらしてください。

ハルハ河の砲声と第一次ノモンハンの戦いは、つなげて遊ぶことができます。

こちら2種類は、戦車の砲塔が動きません。他のゲームは、砲塔が360°回転します。

ルールが簡単ですので、5歳以上のお子様と親子で楽しめるゲームです。

両方セットで購入された先着7名様へ重戦車2台プレゼントします。