POLAR POND GAMES (アナログランチボックス)

"アナログランチボックス"と"POLAR PONG GAMES"の2つの名義で活動中です。 2022年春は、POLAR PONG GAMES名義の新作をリリースします。

『屋形船』のゲーム概要ご紹介&説明書を公開しました。
2020/11/6 23:15
ブログ

こんばんは、アナログランチボックスです。
POLAR POND GAMES名義の新作『屋形船 - YAKATABUNE』のゲーム概要をご紹介します。


『屋形船』は、2人用のパズルとマジョリティのゲームです。
プレイヤーは花火師となり、花火大会でライバルとどちらが優れた花火師かを競います。

自分のエリアに花火カードを配置しながら
演目カードに描かれたレイアウトを達成しつつ、屋形船カードごとに花火の大きさ(号数)で勝つことを目指します。


 

手番は5つのフェイズに分かれています。

•••••••

[フェイズ1]
手番プレイヤーは、花火カード1枚を自分のエリアに配置します。

図:手番プレイヤーである白プレイヤーが花火カードを配置。

•••••••

[フェイズ2]
相手プレイヤーは、配置された花火カードに記載の効果を
同列の屋形船カードに描かれた対象に使用することができます。

効果を使用せずに、演目カード1枚を山札から獲得することも選べます。


図:白プレイヤーが花火カードを配置したので、黒プレイヤーが効果を使用できます。
 

•••••••

[フェイズ3]
手番プレイヤーは、レイアウトを達成した演目カードを公開することで、
得点を獲得し、ボーナスアクションを実行することができます。

図:白プレイヤーは演目カードに描かれたレイアウトを達成したので、演目カードを公開し得点を獲得します。

•••••••• 

[フェイズ4]

屋形船カードと同列に配置された両プレイヤーの花火カードが規定数に達した場合に勝負が発生します。

各プレイヤーのエリアに配置された花火カードの花火玉の合計数を比べ
数字が大きいプレイヤーは喝采チップを置き、屋形船カードの得点を獲得します。

図:「4」と書かれた屋形船カードの列に、4枚の花火カードが配置されたので勝負が発生します。

•••••••

[フェイズ5] 手番プレイヤーは、花火カードを補充します。

•••••••

手番を交互に繰り返し行い、
花火カードまたは演目カードを各山札から引けなくなるか、
5枚以上の屋形船カードで勝負の決着がついたらゲーム終了です。

ゲーム終了時に、演目カードの得点と屋形船カードの得点を合わせて、
得点が高かったプレイヤーの勝利です。


•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••


詳細なルールは説明書をご覧ください。

『屋形船 - YAKATABUNE』の説明書はこちら




また、ゲームマーケットに先駆けて
ボドゲーマ様にて委託販売(通常価格)の予約も開始しましたので、
当日の参加が難しい方も是非チェックしてみてください。

ボドゲーマさま委託販売のご予約はこちら


ゲームマーケット2020秋の1日目、
11/14(土)に「ブース番号:ク24」にてお待ちしております。