RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

2017年10月26日(木) 01:42

「組み立ての果てのヘレン」の雰囲気紹介

やあ、よく来たな。青い鴉(ぶるくろ)だ。
ゲームマーケット2017秋(土)I(アイ)004に、ぶるくろは「アーカムソフト」として出展する。
新作のロボット組み立て殴り合いゲーム「組み立ての果てのヘレン」30分 2人用 のことはもう知っているか?
知っている奴も知らない奴も、このブログ記事でちょっとした雰囲気だけでも味わうといい。

下にある画像、こいつはオッティア・ザ・ライアーと言うロボットだ。ゲーム中に出てくることは無いが、
これから君が作るロボットのイメージのひな形にしてほしい。

たとえば、君のロボットは、粒子スピアと機関砲、そして逆関節を持っているとしよう。
コックピットは頑丈そうなやつだ。機関砲は攻撃前に自分の他のパーツを壊していくデメリットがあるから、
壊れても構わないような、いくつかの特殊カードをキープしておきたい。そのためには――
このゲームには、そうやって頭をフル回転させながらドラフトをする楽しみがある。

  

もちろん、集めたパーツの組み立てにも注意が要る。隅に接続部が無いとパーツは配置できないし、
仮に配置できたとしても競り合いで2点のダメージを食らう可能性を考えて、
パーツをあえて配置しない(素通しなら1点のダメージで済む)という戦略も必要だ。

そうしてパーツを組み立ててロボットを作ったら、戦闘だ。
お互いに向かい合わせにしたロボットの端から端まで、攻撃パーツをぶつけ合う。
特殊効果を持つパーツは常に効果を発揮する。さらに、下半身に装備した特殊パーツはいつ使ってもいい。

戦いは進み、やがて片方が撃墜され、片方が生き残る。
お前が真の男の中の男なら(あるいは女の中の女なら)連勝することを夢見てもいいだろう。
望むのなら、組み立ての果てのヘレンにだって、きっと到達できる――。

おおっと、大事なことを言い忘れていた。「組み立ての果てのヘレン」の価格は1000円だ。
これは実際安いし、元が取れることは約束する。I(アイ)004で待っているから、ぜひ買ってくれよな!

新作ゲーム「組み立ての果てのヘレン」
「組み立ての果てのヘレン」の世界観
「組み立ての果てのヘレン」の戦闘(図を追加)
「組み立ての果てのヘレン」のロボットのサンプル
I004 2017ゲムマ秋 12/2(土)「組み立ての果てのヘレン」アーカムソフト
「組み立ての果てのヘレン」のFAQ(よくある質問と回答)



ブース名
ブース番号
2017秋 土-I004 体験卓あり

ブース詳細

アーカムソフトは致命的に面白いゲームを作っているサークルです。
絶対に損はさせない。ゲームを、買え。

Twitter
@bluecrow2
その他
http://www.arkhamsoft.jp/
トップへ