636GAMES

ゲーム概要

  • 前作「勇者対策会議」の拡張追加版!
  • 新たなカードとして魔王軍に幹部キャラクター、勇者の仲間に狩人と神官が追加!
  • 難易度設定も追加!よりスリリングでエキサイトな魔王軍の出世争いがまた幕を開ける!
プレイ人数 2〜5人 プレイ時間30〜60分
対象年齢10歳〜 価格3,000円
発売時期2018秋 予約
ゲームデザインごきにゃん イラスト・DTP藤谷ねこ

外部サイト:ボドゲーマ

ゲーム詳細

前作「勇者対策会議」のルールを再調整し、前作のカード+拡張を追加したものが登場!
その名も「勇者対策会議Ⅱ」です!

本作はプレイヤーは魔王軍の幹部となり、1人の勇者を協力して倒さなくてはなりませんが、倒した時の手札のカードにある星の合計数が最も高いプレイヤーが勝者となるといったゲームです。

今回はパッケージを変更し、キャラクターだけでなくパッケージのイラストも藤谷ねこさんに描いていただきました!
勇者一行の動向を探る幹部達といったイラストとなってますよ。

そして新たな拡張要素として二つの物をご用意しました!

一つは各プレイヤーの固有能力としてパッケージにも描かれている幹部カードを追加です!



こちらの5種類の幹部をゲーム開始前に1人1キャラクターを選んで使用します。

それぞれに違った能力を所持しています。例としてヘイルの能力は以下みたいな感じです。



能力の使用の仕方ですが、まず手番の中に"チャージフェイズ"があり、そこで手札の魔物カードを幹部カードの横に裏向きに好きな枚数置くことができます。その後次の自身の手番開始時に、幹部カード横に置いているカードを捨てた枚数に応じて幹部カードの効果を使用することができます!

二つ目は勇者側に仲間、狩人と神官が登場します!



こちらもゲーム開始前に場に出しておきます。そして以下の従者カードと呼ばれるものをルールに指定された枚数の山を二つ作り、一番上のカードをそれぞれ公開します。



公開したらお供カードに記載されている数字を確認して狩人と神官のカードにその数字の箇所に駒を置いて現在の狩人と神官の体力とします。上記の従者カードの場合、狩人の体力は4、神官の体力は7となります。
この二人への攻撃は魔物カードで勇者を攻撃する際に勇者、狩人、神官いずれか選んで攻撃することができます。

攻撃や効果で狩人もしくは神官を倒した場合は対応する従者カードを獲得し、狩人もしくは神官のカードに記載されている効果を得られます。そして幹部達が勇者を倒した際は得点計算時に追加得点とすることができます。
狩人と神官が倒された後次のプレイヤーの手番になった際にお供カードの山が残っていれば新たに一枚公開されて狩人および神官が復活するといったシステムとなっています。
もし倒した際にお供カードがその山最後の1枚だった場合は更に狩人の魂、神官の魂を獲得し追加星2点を得ることができます。

 

他にも前作のルールを一部変更や勇者カードを魔物カードの山に入れる枚数を変更できるといった難易度調整ルールも追加しますので、最強の勇者一行を幹部達は協力して倒すことができるのかといったハラハラするプレイも可能となります。

新しくなった「勇者対策会議」でより混迷する出世争いをお楽しみください。

 

2019/6/11追記

Role&Roll Stationにて委託が開始しております

ゲーム体験

スタンダード, ボードゲーム, はったり/ブラフ,