ゲームマーケット 次回開催は、2019秋11.23(土)24(日)東京ビッグサイトです。
  • 出展申し込み
  • 開催データ
  • お問い合わせ

Saashi & Saashi

旅のあと(Remember our Trip)

デザイン Saashi & Daryl Chow
イラスト 宝井 貴子
人数 2~4人
時間 30~40分
年齢 10歳~
価格 4000円
発売 2019秋
予約
3行で説明1 SaashiとシンガポールのデザイナーDaryl Chowさんとの共同デザイン!
3行で説明2 個人ボードでのパズル的な楽しみと、共通マップボードでの他プレイヤーとの駆け引き!
3行で説明3 大小の厚紙ボード12枚、厚紙トークン類が165枚、カード22枚の豪華な内容物!

旅のあと』は旅行で訪れた街を振り返り、みんなで共通の思い出マップを作っていくボードゲームです。プレイヤーは帰国した旅行者となって一緒に旅した仲間と訪れた京都、あるいはシンガポールの街を思い出していきます。

プレイヤーはイメージのかけらを手がかりにして、それぞれに旅の情景を思い出します。他のプレイヤーとロケーションの記憶が一致するとボーナス点を得られます。強く印象に残った観光名所を思い出すことで、共通の思い出はより確かなものとなるでしょう。思い出マップが完成した時、最もそれに貢献できたのはどのプレイヤーでしょうか。

Saashi & Saashi ゲムマページ一覧

to English Page

ゲーム内容

旅のあと』は2人〜4人用のボードゲームです。プレイヤーはイメージトークンを自分のイメージボードに配置することで、旅の記憶を思い出していきます。イメージトークンは旅行中に目にしたロケーションの記憶の断片を表します。

効果的に旅の景色を思い出し、思い出マップの作成に貢献することが目的です。「観光名所/ホテル/公園/ショップ/レストラン」などのロケーションの記憶を確定したり、共通のマップボード上で他プレイヤーと記憶を一致させることでゲーム中に得点を得ます。

目標カードによるボーナス点、旅の写真ポイントによる得失点、記憶違いによる失点なども加味した上で、最も多くの得点を獲得したプレイヤーが勝者となります。

プレイ手順

1 思い出カードをめくる
ラウンドの始めに思い出カードを1枚めくります。カードの数字を参照し、数字と同じ枚数ずつイメージトークンを布袋から引き枠の中へ置きます。

2 イメージトークンを取る
スタートプレイヤーから順番に、各プレイヤーはイメージトークンの置かれている枠を1つ選びます。選んだ枠の中のイメージトークンをすべて取り、自分の手元に置きます。

3 イメージボードへの配置
プレイヤーは全員が思い出カードに描かれた「記憶の配列(図形)」に従って、イメージトークンをそれぞれ自分のイメージボードの空きスペースに配置していきます。

「記憶の配列」は以下の6種です。

4 ロケーションの確定
隣接して配置したイメージトークンは、規定枚数に達するとロケーションの記憶として「確定」させることができます。確定させたプレイヤーは手番中に得点を得ます。

5 ロケーションタイルの配置
ロケーションが「確定」した時、自分のイメージボード上と同じ座標の共通マップボードの位置が空いていれば、ロケーションタイルを共通マップボードに配置します。

6 得点の獲得
手番中に「ロケーションの確定」を行なったイメージトークンから得点を得ます。確定したことによる「基本点」の他に、条件を満たせば「記憶の一致ボーナス」を得ます。

全プレイヤーが順番に手番を終えると1ラウンドが終了します。全12ラウンドが終われば、最終得点計算に移ります。

旅の思い出マップをみんなで作り上げる

プレイヤーは個人のボードでイメージトークンを配置してじっくり自分のマップの完成を目指しつつも、中央の共通マップボードへのロケーションタイルの配置では他のプレイヤーとの絡みもあります。

得点は、ラウンド中に獲得する「ロケーションの確定」と「記憶の一致ボーナス」のほか、ゲーム終了時に「旅の写真の得失点」や「目的カード」による得点、そして「記憶違いの失点」などさまざまな形式があります。

中でも「記憶の一致ボーナス」は、他プレイヤーと同じ位置のロケーションを思い出すことで、ボーナス得点が得られるチャンスが広がります。みんなで一緒に思い出していきたくなる要素です。

京都マップとシンガポールマップの両面仕様

このゲームは京都マップシンガポールマップの両面使用となっています。それぞれのマップに登場する観光名所モニュメントも異なり、マップの特徴も違っているので何度も遊ぶ楽しみがあります。

また標準ルールに加え、「選択ルール」があり、それを採用して遊ぶこともできます。「7×6マップ」は、標準ルールの「7×7マス」のマップを一列狭くすることで、より制限が加わり難易度が増します。

目標カード:上級」は、京都マップ用/シンガポールマップ用がそれぞれ5種類ずつ用意されているので毎回違った展開が楽しめます。

内容物
共通マップボード:1枚
イメージボード:4枚
サマリーボード:4枚
得点ボード:1枚
アクションボード:1枚
ロケーションタイルボード:1枚
イメージトークン:120枚
思い出カード:12枚
目標カード:10枚
ロケーションタイル:39枚
観光名所モニュメント:6個
モニュメントスタンド:6個
封鎖シート:5枚
スタートプレイヤーマーカー:1個
得点マーカー:4個
布袋:1枚
ルールブック:2冊(日本語/英語)

プレイ人数:2−4人
プレイ時間:30分
対象年齢:10歳以上

ゲムマ予約について
このゲームの一般販売は12月下旬から1月上旬を予定しており、ゲームマーケット秋(11月23、24日)では先行販売分として一定数をご用意致しますことから、今回はゲムマ取置き予約を行ないません。ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

Saashi & Saashi ゲムマページ一覧

to English Page

Saashi & Saashi
公式サイト / 公式Twitter

ブース名

Saashi & Saashi

Saashi & Saashi

ブース番号

2019秋 両-ア04 体験卓あり

ブース詳細

京都でアナログゲームをクリエイトしているレーベルです。

Twitter

その他

公式サイト
http://saashiandsaashi.tumblr.com/