@BUDAcafe(アットブダカフェ)

Hellow ! My name is ichigoba nap (game designer).
I managed @BUDAcafe(budapest at home cafe).
I designed ONSEN EKIDEN(Ekiden relay race game) , SUIKODEN marathon,
Itsuki Fujii's picture diary. [next tittle] ARISAKI DANCE et ballet
こんにちは。@BUDAcafe(アットブダカフェ)の苺葉居眠と申します。温泉駅伝!と水滸伝マラソンと藤井いつきの絵日記を作成いたしました。よろしくお願いいたします。

戴宗と王定六 ~水滸伝マラソン 【ゲムマ2018春5月5日(1日目)H08ブース】
2018/4/28 6:39
ブログ

水滸伝マラソン第二版では、ミニマムゲームという要素も残しつつ2人増やし、18人戦も楽しめます。その二人加入でゲームプレイが、単に難しく(逆にやさしく)ならないよう工夫しました。二人とも肥満度を複数持ち(BとC。DとE)、妖幻術の樊瑞は自分の色を2色持つめんどくさい豪傑になっております。

ブログで書いた、1人プレイも収録(下手ながらYouTubeもご覧ください)。バリアントルールとして、ランナー殺人事件、色別対抗戦のほか、「裏切り者」という新たな遊びも加えています。

****

もう一つ、某Rさんから「水滸伝マラソン!? 戴宗が優勝するに決まっている」と言われたことから考えたゲームルールがあります。紙面の都合で入らなかったのでここで紹介します。

実は戴宗は脚にお札を貼ることにより超スピードになり、それがないとただの足が早い選手です。その時はもう一人の韋駄天、王定六の後塵を拝することでしょう。とはいえ、この二人が勝利すると安定します。

ということで、この二人のいずれかを3位以内にしたプレイヤーに勝利点が与えられます(3位1点、2位3点、1位5点)。より上位に置いたほうが当然優勝です。

戦略として、手札2枚のうち、戴宗・王定六でないほうを出していきます。出すしかない局面なったらあえて「パス」をして2枚とも山札底に戻し相手プレイヤーの手に渡らないように努めます。なお、特別ルールとして、パスができる数を1回増やして2回までOKにします。