遺産武装

強く生きる、がモットー。自作ボードゲームを企画〜デザイン・製作〜販売しています。 <出品ゲーム> 『どうぶつカードバトル』:どうぶつのカードを出し合って、場のりんご・さかなを取り合う白熱読み合いゲーム!(←化粧箱new!!) 『ゆうしゃBがあらわれた ゆうしゃCがあらわれた ゆうしゃDがあらわれた』:魔王を倒すのは誰だ!勇者同士のバトロワ! 『ラップかるた3』:誰でも簡単にラッパーになれる!オリジナルビートであなたもラッパーに! 『Re:Memoria』:小説×ボドゲの協力ゲー!プレイヤーが変わればストーリーも変わるマルチエンディングをご用意。 『From the Golden Records』:宇宙に遭難した宇宙飛行士が、自分の居場所を信号で伝える推理×パーティゲーム!

5人が集い、賭ける理由/「ぜったい倍にしてかえすから」
2023/12/7 23:44
ブログ

BLUE GUILD 2023年秋出品

「ぜったい倍にしてかえすから」

 

登場する5人のキャラクターが奇しくも集い、ギャンブルをすることになった経緯について

公開します。

 

※前回の「知りすぎたフリーライター」から見ていただくとよりおもしろいです

事前予約はこちらから

↓↓

 サラリーマンは、初めて降り立つ駅にいた。

 タクシー運転手は、初めての道路を走っていた。

 バンドマンは、スマホで地図を見ながら歩いていた。

 お笑い芸人は、地面を見ながら立ち止まっていた。

 フリーライターは、疲れ切った顔で呆けていた。

 

 各々が、伝えられた場所を目指す。ある物はカードを片手に、ある物は地図の書かれたメッセージを頼りに。

 

 最初に着いたのは、お笑い芸人だった。昨晩から眠ることができなかった彼は、クマを作って笑うこともなく、しばらく立ちすくんでから入口のドアに手をかけた。

 

 次に着いたのは、タクシー運転手だった。仕事を抜け出し、近くの、路駐しても問題無さそうな場所にタクシーを停め、入口のドアをしばらく眺めて、入口のドアを開けた。

 

 その次に着いたのはバンドマンだった。遠くから眺めていた建物に目標を定め、すぐさまドアに手をかけ、一目散に中に入った。

 

 最後に着いたのはサラリーマンだった。変わらずの虚ろな表情で、足取りも不確かなまま建物の前に着いた。ため息をつきながら、抗うようにドアノブを握った。

 

 フリーライターは始めから中に居た。

 

 ギィ、という音を立てて、タクシー運転手が部屋に入る。中には同世代のお笑い芸人らしき男がいた。絶妙な空気感を感じて、お辞儀だけが繰り広げられる。

 しばらく経ち、バンドマンが部屋に入る。同世代の、おそらく服装からしてタクシー運転手の男を見て、そういえば路駐してあるタクシーあったな、と思った。

 次に、フリーライターが部屋に入る。他の部屋から移動してきたこの男は、全員の顔を知っていた。しかし他の3人は、この男のことを知らない。

 最後に、サラリーマンが部屋に入った。全員の視線が自分に注がれるのを感じて、サラリーマン一瞬たじろいだ。

 

「あれ? お前……なんで……?」とタクシー運転手が言葉を漏らした瞬間に、「え……運転手さん、こいつと知り合いなんすか?」とお笑い芸人が言い、「え、なんで……?」とバンドマンが目を丸くした。

 

「ようこそ、お集まりいただきマシタ」

 

 天井から、声が聞こえる。サラリーマンとフリーライターとバンドマンが反応する。

 

「これから、あなたたちニハ、借金を返すためのゲームをしていただきマス。そちらのドアからお進みくだサイ」

 

 部屋の奥にあるドアが開いた。その先には、カジノでもあり、ともすれば賭場とも呼べる空間が広がっていた。

 

「複数のギャンブルをしなガラ、皆さんに課せられた700万円という借金を、返してもらいマス」

「賭け金の最少額は50万円カラ」

「最少額に足りない場合は、お互いで貸し借りをしてくだサイ」

「友達、ですもんネ」

 

 その言葉と併せて、大きな一人の男が賭場に入ってきた。

 その男を見て、タクシー運転手とお笑い芸人が反応した。

 

 

 バンドマンがサラリーマンに声をかけた。

「お前、なんでこんなとこにいんだよ」

「……こっちのセリフだよ……全員、知ってる奴だ……」

「は?」

「お前は塾時代からの付き合い、タクシー運転手が大学の友達、お笑い芸人が大学のゼミ友達、フリーライターは高校の同級生だ……」

「……それって」

「……狙われた?」

 

 お笑い芸人がサラリーマンに歩み寄る。

「なんだよ、それ……」

「すまん……分からん」

「お前のせいなのか?」

「それも……分からん」

 

「おい、おっさん」とタクシー運転手が声を上げる。

「なんだい」

「これ、返せなかったらどうなんだ」

「はぁ? ガキじゃねぇんだ。そこの“お笑い芸人”にでも聞けよ」

 お笑い芸人がビクっとするのを、全員が見ていた。

 そして瞬間、全員が察した。

 

「それでは、ゲーム開始デス」

 

 プツンと、いう音を立てて天井のスピーカーが切れた。

 

「さぁ、お前ら全員、座れや」

 

 目の前には束になった現金。

 ギャンブルのルールが書かれたシート。

 6面サイコロと20面サイコロ。

 借用書。

 

 

 サラリーマンが、お笑い芸人を見る。手元が震えていて、顔が真っ青だった。

「大丈夫か……?」

「…け金が…ねぇ」

「あ?」

「賭け金が……足りねぇ……」

 

 お笑い芸人が一瞬、サラリーマンの目の前に置いてある現金を見る。

 

「……くれよ」

「は? やれねぇよ、さすがに」

「ちげぇよ……貸してくれよ……」

「貸すって……」

「見りゃ分かんだろ! 賭け金が足りねぇんだよ! 貸してくれよ! 借りた分、絶対倍にして返すから!」

 

 

定点カメラの奥で、チンピラがにやりと笑った。

 

Twitter

https://twitter.com/BlueguildV