ななつむ

ボードゲーム制作団体「ななつむ」です。制作作品は三ツ星ショコラティエ、四季折折、ドルフィーファイブ、十六夜小町、ナナイロアジサイ、フジヤマクリエイト、花手水に福来たる。「和風ボドゲっておしゃれ可愛い。」そんな風に思ってもらえるようなゲームづくりを目指してます。

【花手水に福来たる (23春新作)】 こんな方におすすめです!!
2023/5/4 23:25
ブログ

和風ボードゲーム「花手水(はなちょうず)に福来たる」は、ななつむの23春新作です。
こんな方におすすめです!!

  • 和風デザインや見た目が華やかなゲームが好きな人。
    「花手水に福来たる」は和風の世界観が特徴的で、おしゃれ可愛いイラストです。
    ゲームでは各プレイヤーはそれぞれ最大3x7マスの花手水をつくります。
    色とりどりの花を浮かべた花手水が完成したとき、SNSにあげたくなるでしょう。
  • ボドゲ会で簡単に持ち運んで気軽に遊べるゲームを探している人。
    「花手水に福来たる」はコンパクトなサイズで手軽に持ち運べます。
    さらに2~4人まで幅広く遊べ、どの人数でも楽しさが損なわれることはありません。
    そして15分程度で遊べるので、ちょっとした隙間で遊びやすいです。
     
  • ルールはシンプル、でも一手をじっくり考えたい人。
    手番でできることは、基本的には数枚の花カードから1枚を選び、場を置くことだけです。
    ただし、自分のみならず他プレイヤーの花手水を見ながら、誰がどの絵馬カードを狙っているかを見極めなければなりません。
    常に全員の動きを見ながら行動を決めるため、一手の重みが大きいです。


「花手水に福来たる」は、お寺や神社にある花手水(はなちょうず)をテーマにしたボードゲームです。花手水とは、寺社で手を清めるための鉢に色とりどりの花を浮かべたものです。 商売繁盛、恋愛成就、健康長寿… あなたは住職として花手水を美しく飾り、どこよりも福来たる寺にしましょう。

2~4人、15分でコンパクトに悩める、争奪型マジョリティコレクションゲームです。ゲームルールがシンプルなのでインストも簡単、一方でプレイヤー間のインタラクションが多く、悩ませます。さらに、2~4人のどの人数でも楽しさが損なわれることなく、運と戦略をバランス良く遊べることも特徴です。コンパクトに遊べるゲームとして、重ゲの合間に楽しむのも良いでしょう。

より詳しくゲームを知りたい方は、ぜひ公式サイトのゲーム紹介ページをご覧ください。取り置き予約はこちらからどうぞ。