堀場工房

こんにちは、堀場工房です!



猫のゲームとか、ネコのゲームとか、ねこのゲームとか作ってます。

でも、多分、おそらく、将来的には他のゲームも作ると思います。



知ってる人は知っている『ゲーマー妻のユーウツ』の妻と旦那の二人で細々とやっているサークルですが、今後とも御贔屓にお願い致します。

ねこマジョの遊び方 ③
2019/11/14 22:57
ブログ

今回ご紹介するのは『どけ! そこはオレの縄張りだ!』という3~4人で遊ぶゲームです。

まず使用するボードについてですが、サカナ駒を置く場所を「金魚鉢」、ネコ駒を置く場所を「マス」と呼びます。

次にゲームの準備ですが、このように配置します。

中央の金魚鉢には、骨、1点、2点のいずれかのサカナ駒がランダムで入ります。
各プレイヤーは自分のネコ駒をすべて受け取り、駒立てに置きます。

スタートプレイヤーから順に、自分の駒を1個、裏向きでいずれかのマスに置きます。
ネコ駒はどのマスに置いても構いません。また、すでに他のネコ駒が置かれていても構いません。

こうしてネコ駒を順に置いていき、いずれかの金魚鉢の周囲3マスにネコ駒が置かれたら、その金魚鉢のサカナ駒を表にします。


さらにネコ駒を置いていき、いずれかの金魚鉢の周囲4マスすべてにネコ駒が置かれたら、その金魚鉢のサカナ駒を獲得するプレイヤーを決めます。

まず最初に、複数のネコ駒が置かれているマスがあった場合は、そのマスの支配を確定します。
そのマスにあるネコ駒の数値をプレイヤーごとに合計し、合計値のもっとも大きい数字のプレイヤーがそのマスを支配します。

複数プレイヤーのネコ駒があっても、そのマスのネコ駒の数値は支配したプレイイヤーのものだけをカウントします。
同様にしてすべてのマスの支配が決まったら、エリアの支配を決めます。4マスにある各プレイヤーのネコ駒の合計値を比べ、もっとも合計値の大きいプレイヤーがそのエリアを支配します。
エリアを支配したプレイヤーはサカナ駒を獲得し、自分の手元に裏にして置きます。


このマスの支配、エリア支配の決定の時に、同率1位が複数いた場合、1位は脱落して2位が権利を得ます。
同率1位と同率2位がそれぞれ複数いた場合は、そのマスまたはエリアの支配は誰も得られず、サカナ駒はゲームから取り除かれます。

また、ネコ駒を表にした時にBOSSネコがいた場合、BOSSネコはゲームから取り除かれます。その時、自分とは違う色のネコ駒1個を一緒に取り除くことができます。
ただし、同じマスにBOSSネコが複数いた場合はBOSSネコたちだけがゲームから取り除かれます。


こうしてゲームを進めて、すべてのサカナ駒が盤上からなくなるか、全プレイヤーのネコ駒が手駒からなくなったらゲーム終了です。
もっとも得点の高いプレイヤーが勝者です!