モグモグプロジェクト

『モグモグプロジェクト』は、ボードゲームを愛する5人で構成されたボードゲーム制作集団です。



今までボードゲームの楽しさを享受する側として多くのゲームをプレイしてきましたが、楽しさを伝える側として自ら制作をしてみたいという思いから発足しました。



ゲームの開発からデザインまで、それぞれのスペシャリストが活躍しています。

よろしくお願いいたします。

『フィラデルフィア』カード紹介Vol.3
2019/11/8 16:16
ブログ

『フィラデルフィア』カード紹介Vol.3



コンボ型カードゲーム『フィラデルフィア』は36枚の広告カードと6種類のアイテムカード、1種類のフィールドカードで構成されています。

ほぼ毎日、公式ツイッター(http://twitter.com/mogmog_project)にてカード紹介を投稿していますが、この記事では、それぞれのカードの解説や、思いなどを何回かに纏めて投稿します。

(#17~#24)

 #17 「医者」



違約するタイミングを調整でき、違約時に敵味方問わずの全力治療。 カードイラストが未完成の頃は、とりあえず最初に完成した医者を全部のカードに使っていてかなりシュールだった。



#18 「林業家」



手札を2枚まで捨てて引き直すことができる、アイテム「転職」の下位互換と言える効果のカード。 成立を待つ必要があるため、即効性に欠けるのが玉にキズ。

#19 「衛兵」



お金を失う時、代わりに5金得られるカード。相性の良いカードは限定されてくるため、それらと合わせて使えるように計画したい。 無効化した分も、同額のお金を得たに等しいため、実質的な仕事量は中々の物。

#20 「醸造所」



これ含め3枚の広告を同時に成立させると勝利点が得られるカード。お金と勝利点の両方が得られるため決まれば強力。ダイス操作が可能なら積極的に狙っていきたい。

#21 「翻訳家」



サイコロの振り直しができるカード。 自分に都合が良く、相手には良くない目にしやすくなるため、他人を妨害しつつ自分は恩恵を受けられる。

#22 「物流会社」



「左回り」にカードを1枚ずつ同時に渡す、どこかで見たような気もする効果を持つ。 相手に邪魔な物を送りつつ、自分は捨てるか残すか選べるため手札の質を向上させられる。

#23 「宝石商」



ほぼ勝利確定と言える勝利点が得られる独特なカード。「なんとなく持っておいて行けそうなら使う」では達成は不可能に近く、特に相性のいいキーパーツを集めるのが基本。とにかくコンボしてお金を稼ごう。

#24 「会計士」



お金か手札のいずれかを削る妨害カード。後手番で使うのが有効。 コストの重さがネックだが、どのカードも捨てがたい最序盤と、「フィーバー」終了直後はかなりの破壊力を持つ。





ご予約はこちら↓↓↓

https://docs.google.com/forms/d/1szT2UOMsF1EuMt26CT–6IHEt0fM172km8O6WKUenbg/viewform?edit_requested=true

 

その他リンク集

公式 ホームページ
http://philadelphia.rikusa-games.tokyo

クラウドファンディング ←達成済み!
https://camp-fire.jp/projects/view/184342

 

『フィラデルフィア』についてのブログ記事(ルールが分かり易く解説されています!)

あんしらさん(@ansirablog)↓
https://anshirablog.com/philadelphia

アゲやろうさん(@HappyAnalog)↓
https://happy-analog-games.com/cardgame/philadelphia/

ケイ@ボドゲブログさん(@oreno_turn_blog)↓
https://oreno-turn.com/2019/10/07/gamemarcket/