ななつむ

ボードゲーム制作団体「ななつむ」です。制作作品は三ツ星ショコラティエ、四季折折、ドルフィーファイブ、十六夜小町、ナナイロアジサイ。和ゲームを中心に、「お洒落可愛い、でも悩ましい」ゲームづくりを目指してます。

【四季折折】 おかしな・お菓子なルール。
2019/4/28 23:31
ブログ

前回は四季折折の世界観(制作小話1)について書きましたが、今回はルールについてご紹介します。

 

四季折折は和菓子タイルを3×3の枠に配置し、その点数を競うゲーム(セットコレクション)であり、シンプルでイメージしやすい形になっています。季節や紋章などで縦・横・斜めにそろえることで、点数が得られます。

 

けれども、ただ一つ他のゲームにはない大きな特徴があります。それは、自分ではなく他人の点数を最大化することです。プレイヤー全員で協力しながらお互いの点数を高めながら、でも自分だけ点数を低くしたい。それは協力ゲームのようであるようで、でも勝つのは1人なので、やっぱり非協力ゲームです。やってみると、少し不思議な感覚にとらわれるかもしれません。

 

そして「好きな季節」というシステムが、駆け引きの要素を深めています。プレイヤーは自分の折箱に「好きな季節」の和菓子を置かれると高得点になってしまうので、それを隠そうとします。ばれないように、時には騙りながら、相手の折箱に押し付けてしまうかもしれません。そこには、ちょっとした正体隠匿要素もあるのです。

 




 



「四季折折」紹介ページ