ようがくじ「不二の会(ぷにの会)」

お寺の文化をボードゲームで再現!
お坊さんが作ったアナログゲーム『WAになって語ろう』『御朱印あつめ』『檀家-DANKA-』『浄土双六ペーパークラフト』『花まつり』『拈華微笑』
そしてけん玉カードゲーム『ケンカードゲーム』『Kendama Card Battle』『ケンダマンザイ』
ぜひ手にとって、遊んでみてください。
合掌

ゲムマ初版特典(お寺ボードゲーム『御朱印あつめ』):おみくじ
2015/10/22 16:15
ブログ

みなさん、こんにちは!ようがくじ「不二の会」代表の向井です。
多くの方に、お寺の文化へと触れて頂きたい。そんな想いを胸にゲムマ初出展。
ゲームマーケット2015秋@東京、【J36】ブースにてお寺ボードゲームをお披露目いたします。

お寺ボードゲーム第一弾『御朱印あつめ』。ゲームマーケット初版特典「おみくじ」を御紹介いたします。

≪おみくじについて≫


取り置き予約いただきました方全員に。また、当日お買い上げいただきました方にはゲームマーケット初版特典として、「おみくじ」を同梱いたします。

平成の世にある「おみくじ」のもとをたどっていくと、そのはじまりが神社なのか寺院なのか・・・諸説あるようですね。今回は「おみくじ」を模した形のものを、お作りいただく形で同梱いたします。切り取り線にそってハサミなどで切り、二つ折りを3回していただきますと、まさに「おみくじ」。

『御朱印あつめ』ではカードと役の点数の加減によってゲームの勝利者が決まるのですが、「おみくじ」には特殊な役・得点計算方法が書かれています。ゲームプレイ前にひいて、自分だけが見えるように中身を確認するのもよし。得点計算前の運試しにするもよし。凶はありませんので、初心者さんのハンディキャップとして使うのもよし。

御朱印カードの山は遊ぶ度に変化します。特殊カードがどこにあるのか何となく分かりつつ、表になっていく御朱印カード。その山の模様はプレイする度に違うので、何度でも違いを楽しめるわけですが、この「おみくじ」もプレイする度に変化するポイントのひとつとなってくれるはずです。

本物ではないので、どこかの木などに結びつけるようなことはなさらぬよう・・・よしなに。

御朱印あつめ_おみくじ


たくさんの方に取り置き予約をいただいております。また、本当に多くの方にご興味、ご関心いただいておりますこと、とても嬉しく思っております。誠に有り難し!でございます。

飾って嬉しい、遊んで楽しいお寺ボードゲーム『御朱印あつめ』。試遊卓もございますので、ぜひ当日、遊んでみてくださいませね。







twitter: @puninokai
公式ウェブサイト: http://www.puninokai.com
『御朱印あつめ』特設ページ: http://www.puninokai.com/goshuincollection/