インスタント・インスト

サバイバー

¥1,500

ゲーム概要

  • 数字は音の大きさを表す
  • ゾンビに見つからないように静かに食料を集め生き残れ
  • ゾンビになっちゃったら周りの人を襲いかかろう
プレイ人数 3〜4人 プレイ時間20〜30分
対象年齢10歳〜 価格1,500円
発売時期2018春 予約
ゲームデザインささき イラスト・DTP伊街伊丹

ゲーム詳細

カタログではゾンビトリテと出ていたものです。名前はサバイバーになりました。

【ゲーム内容】

 生き残ることを目的としたコミュニティのメンバーがゾンビがいる街へ食料を探索するトリックテイキングというゲームです。コミュニティから一日毎に一組、探索に出します。探索はゾンビに注意しましょう、奴らは音に敏感です。しかし目的の食料はゾンビの先にあるものなのです。ゾンビをかいくぐり、食料を確保しましょう。しかしどこかのコミュニティはゾンビに落ちてしまうかもしれません。そうなったらしかたありませんゾンビとして欲望のまま食料を襲いにいくしかありません。果たしてあなたのコミュニティはこの一週間を生き抜くことは出来るでしょうか?

7枚の手札を使い、一人一枚カードを出して数比べを行うトリックテイキングと呼ばれるゲームです。このゲームではゾンビ山と呼ばれるプレイヤー以外のカードが必ず初手になり、そこから出たゾンビカードと同じ色を持っていれば前に出されたカードより大きいにしろ小さいにしろ必ず出さなければならないマストフォローのゲームになります。

ゾンビ山のゾンビカードと同じ色を出せていて、大きい数字を出した上位2人が得点(食料)を得られ、小さい2人は失点(食料を失う)します。一番大きい数字の人が次のプレイヤーがカード出す順番の一番先頭(ゾンビ山の次にカードを出すプレイヤー)になります。

またゾンビより大きい数字(数字は音の大きさを表しているため、ゾンビより大きい音を立てる)とゾンビに見つかり噛まれてしまい、失点とペナルティを受けます。ペナルティが得点以上になるとそのプレイヤーはゾンビになります。以降ゾンビとしてゲームに参加し得点を伸ばしてください。

ゾンビになったら他のプレイヤーを襲うと得点になります。襲い方は他プレイヤーより小さい数字(音に敏感なゾンビゾンビ)を出すことです。

7枚の手札を出し切るまでゲームを行うか、全員がゾンビ化したら得点を比べ一番得点が多いプレイヤーが勝者です。



 

【コンポーネント一覧】



 

 

カードには人間側の向きゾンビ側の向きがあります。人間の時は人間側を上に、ゾンビになったらゾンビ側を上にするようにすると自分がどの状態なのか他のプレイヤーに分かりやすいようにしています。カードの裏面も同じように人間の時ゾンビの時の向きによってすぐわかるようにデザインしました。



カードの色は探索する場所を表しています。ショッピングモールや倉庫街、学校などに食料を求めて探索をします。



得点はチップで表します。サイズは20mmになります。チップの表は食料チップ、裏はゾンビチップです。ゾンビチップは人間時はゾンビに襲われた回数を、ゾンビ時には得点になります。

【価格】

¥1500

【ご予約方法】

リンク先の予約フォームにて必要事項のご入力をお願いいたします。

予約フォーム

ブースNo.

E41ブースにてお待ちしております!



【最後に】

ここ最近トリテにはまりマストフォローを説明するのにどうすればと思い本ゲームが生まれました。いろいろ調整している間に本来の目的に沿っているかわからなくなってますが楽しんでいただけたら幸いです。ちなみにですが※予算の関係上箱を製作していません。チャック付き袋に入れお渡しになると思います。それでも良いというかた是非よろしくお願いします。