米光一成たち

【B017】想像と言葉NEW[取置予約中]

¥2,000

ゲーム概要

  • 「ルール説明1分、1ターン3分」誰でも簡単に楽しめる想像力と言葉のゲーム。
  • 40の言葉チップから生み出されるイマジネーションと驚きと共感で盛り上がる
  • 新しい357ルールが追加! ワードもリニューアル!
プレイ人数 3〜12人 プレイ時間5〜30分
対象年齢10歳〜 価格2,000円
発売時期2017秋 予約
ゲームデザイン米光一成・神谷聡子 イラスト・DTP米光一成

ゲーム詳細

想像と言葉NEW


40枚の言葉カードから選ばれた3つの言葉がプレイヤーの想像力を刺激し、さらなる言葉を生み出すゲーム!
予想を超えたイマージネーションと、「あ、それだったか!」という驚きと、一致したときの共感と歓喜。
ルール説明は1分でOK。
言葉を使ってわいわい遊ぶシンプルな(すぐ遊べる!)のゲームです。
2,000円 。

取置予約



2014年に登場して、NHKラジオで番組化、『小説すばる2014年10月号』にリプレイ掲載、「阿佐ケ谷ロフトA」で100人を集めた「想像と言葉」大会、学校、コミュニティなどでプレイ。言葉のイマジネーションゲームとして定番化してきた「想像と言葉」が新ルールを追加して再登場。

テストプレイしてくれたみんなが思わず発した声を紹介します。


「そーゆーことかー」「すごい! すごい人に点をあげるルールつけましょうよ(ルール追加しました)」「なるほどーなー」「忍者なのに!」「ゲームだから言っていいんだよね?」「これ、恋に落ちるよ」「血が出てるうえに、国でしょ、しょうがないのよ」「♫猫の気持ちーが頭から離れない!」「わかった、わかった、いける!」「先輩狙いですよ、今回のは!」「こんなこと書いたの生まれてはじめて!」「そっちかーっ!」「毛はダメだろ」「このカードが諸悪の根源っ!」「きた、ぴったり!」 「わー、それで合うか、運命の人か君らは!」「最後、これ全員一致いけるよ」「うはー、なんでそこでそれだよー」

おもしろいゲーム研究会「想像と言葉」
取置予約