BEANS BEE

マザーアイランド

¥3,300

ゲーム概要

  • 世界遺産 小笠原の自然がカードゲームをしながら学べます。
  • 現役の生物調査員が、小笠原のガイド、自然保護員の方の意見を聴いて考案。
  • 小笠原に生息するアトラクティブな生き物カードが魅力!
プレイ人数 2〜4人 プレイ時間15〜45分
対象年齢10歳〜 価格3,300円
発売時期2016秋 予約 不可
ゲームデザイン奥宮健太 イラスト・DTP渡邊陽子

ゲーム詳細

世界遺産 小笠原諸島の自然をテーマにしたカードゲーム

mi_box

■ ストーリー

ある日、海底火山の噴火によって、太平洋の海に小さな島々が出現しました。

あなたは、島にやってくる生き物たちを受け入れて、島を生き物たちがあるれる自然豊かな島にします。

 

■ クラウドファンディング

クラウドファンディングを使って、カードゲームを制作しました。

クラウドファンディング

 

■ 遊び方

それぞれのプレーヤーに島のデザインのボードが配られます。

(ボードをA4クリアファイルではさむとやりやすいです)

mi_boad

山札からカードを引き、生き物の生息条件があえば、島に生き物を受け入れることができます。

また、前のプレーヤーが場(海)に捨てた生き物を次のプレーヤーが受け入れることもできます。

bo35025

だんだん、島に生き物のカードが増えていきます。受け入れられる生き物は、島の環境の変化によって変わっていきます。

最終的に、自分の島をすべて違う種類の生き物でいっぱいにした人が勝ちです。

 

ゲームの途中に、イベントカードがでてきます。イベントカードでは、

・「渡りの季節」に島にいる渡り鳥が飛んでいってしまう!

・「台風がくる」で他のプレーヤーの島の生き物が自分の島にやってくる!

・「グリーンアノールが大繁殖」して、島の昆虫を食べてしまう!

mi_cards

など、いろんなことが起きます。そのため、プレーヤーは、どの生き物を受け入れるか、どの島から受け入れるか、考えながらゲームを進めていきます。

ゲームをすることで、いつのまにか、小笠原に生息している代表的な生き物や、その生態について学ぶことができるでしょう。

 

■ その他

現役の生物調査員が、小笠原で活動する自然保護員、ネイチャーガイドの意見を聴いて考案!

小笠原諸島の生息する生き物、外来種の問題など、ゲームを通して小笠原諸島の自然が学べる!

アホウドリ、オガサワラオオコウモリなど、小笠原諸島に生息する生き物の写真カードも魅力!

 

mi_set

 

■取り扱い

・Amazonで販売しております



 

ゲーム体験

スタンダード, キッズ,