月海堂

九九はかせ

¥900

かけ算九九を用いたパーティカードゲーム!

ゲーム概要

  • 配られた手札を順番に出していき、手札がなくなったら勝ちです。
  • ルールは簡単なので九九を覚えたお子さんから遊べます!
  • 遊びながら九九も鍛えることができるので教育ツールとしてもおすすめです。
プレイ人数 2〜3人 プレイ時間5〜10分
対象年齢8歳〜 価格900円
発売時期2022秋 予約 不可
ゲームデザイン月海堂 イラスト・DTP

ゲーム詳細

かけ算九九を用いたパーティカードゲーム!
「遊び!?違うよ、勉強してるんだよ!」

UNOに似たゲームです。
UNOの数字や色の代わりに「かけざん九九」を使います。
手札に配られたゲームカード『九九カード』を順番に出していき、手札がなくなった人が勝ちです!
ちなみに手札が最後の1枚になったらUNOではなく「はかせ!」と叫びましょう!


【九九カードの説明】
カードは1枚で2つの役割(チェーンシステムとします)があります。

1つ目はカードの『上半分』に九九の答え ⇒ アッパー
(例えば、1の段でしたら、1・2・3・4・5・6・7・8・9が答えとなります)

2つ目はカードの『下半分』に次の人が出す九九の段の指定 ⇒ ローワー
(例えば、「2の段」と書かれていたら、次の人は、手札の上半分に2の段の答え、2・4・6・8・10・12・14・16・18と書かれたカードしか出せません)


【ゲームの準備】
裏にしたカードをよく混ぜ、「山札」とします。
カードは裏のまま、各プレイヤーに1人7枚になるように山札から配ります。
山札の一番上のカードを表にして出します(「場札」といいます)。
さいきん九九を使った人からゲームスタート。


【ゲームルールの概要】
自分の手番になったら、場札のローワーの段を確認します。
その段の答えが手札のアッパーにあれば場に出せます。

もし、手札に出せるアッパーが複数枚ある場合、まとめて出すこともできます。(例えば、2の段と指定されていて、手札のアッパーに2の段の4・6・8のカードがあればまとめて出せます。)
まとめて出した場合、次の段の指定は、一番最後に出したカードのローワーとなります。


出せるカードがなければ、山札から1枚を手札に加えます。
このとき、加えたカードのアッパーが、場札のローワーの答えであればそのまま出すこともできます。


左隣の人の番に移り、同様に進めます。

最初に手札を使い切った人が勝ちです。


【その他】
手札が1枚になったら「はかせ!」と言いましょう。

はかせ!!


次の人がカードを出すまでに「はかせ」と言っていない場合は山札から「2枚」を手札に加えなければなりません。
また、上がるときは前の手番に必ず手札を1枚にして、はかせと言ってからでないと上がれません。
山札がなくなったら場に出したカードをまとめ、よく混ぜて山札にしてください。

【内容物】

 ・ゲームカード(九九カード):30枚

 ・説明カード:2枚

 

<余談>
なぜゲームの名称を「九九はかせ」にしたかといいますと、九九を使った上記のゲームを考えたので、子どもにどんな名前がいいか聞いたところ、「勉強系だから『はかせ』を付けたら?」と言われ、安直に九九を頭に付けて、「九九はかせ」としています。「はかせ」と付いていますがゲームはシンプルを心掛けており、難しい内容ではありませんし、私自身も博士の資格を持っているわけではありません。紛らわしくて申し訳ありません!!

ゲーム体験

キッズ, 3桁ゲーム,

Twitter

https://twitter.com/tsukiumido