みらいラボ株式会社

タステン

¥2,500

シンプルなルールの中に高度な推理戦。論理的に相手プレイヤーの手札を予想し、相手の裏をかけるか。

ゲーム概要

  • タステンは、場の数字カードが足して10になるようにカードを出し合うゲームです。
  • 0〜9の数字カードがそれぞれ4色ずつ、全部で40枚あります。プレイヤーは手札を数字が小さい順に持ち、他のプレイヤーにはカードの裏面の色だけが見えるようになっています。
  • ”推理×論理”のかけ引きがあって奥が深い。小学生から大人まで楽しめるゲームです!
プレイ人数 2〜5人 プレイ時間10〜15分
対象年齢6歳〜 価格2,500円
発売時期2022春 予約
ゲームデザインMirai lab. イラスト・DTPMirai lab.

ゲーム詳細

タステンはこんなゲームです        


・タステンはタシて10になるようにカ ードを出し合うゲームです

・手札を5枚他のプレイヤーに見えないように持ちます

・順番通り1枚ずつカードを場に出していきます

・自分の手番で10になればストーンがもらえます

・ただし、0カードに横取りされないように注意が必要です

・最後により多くのストーンを持っていたプレイヤーが勝利します

 ゲームが進むにつれヒントが増えていきます。 相手のカードを推理しながら、自分の手番で10になるように進めていけるかが勝利のカギです。

 

ゲームの準備


①カード準備

同じ色の数字カードセット(0~9の計10枚)を人数に応じて用意します。

②カード配布

シャッフルしたカードから手札として1人5枚ずつを配布します。 プレイヤーは、手札の数字カードを左から数字が小さい順に並べて持ちます。数字は自分にしか見えないように持ちます。

マイナスカードは、1人2枚ずつ配布します。

2人プレイの場合は、伏せ札として2枚のカードをランダムに抜きます。

残ったカードを山札として裏向きのまま場の中心に束ねておきます。 山札から少し離れた場所にカード置き場を作ります。

4人プレイの場合はこのようになります。

ゲームの進め方


①ゲームの進め方

プレイヤーは順番に、手札から場に数字カードを出していきます。マイナスカードはいつでも好きな時に数字カードと一緒に出すことができ、一緒に出した数字カードをマイナスの数字にすることができます。

自分の番で、場に出ている数字カードの合計がちょうど10になったら、ストーンをゲットすることができます。ストーンを1番多く集めたプレイヤーが勝ちとなります。

 

②0カードの使い方

前のプレイヤーの出したカードで10となった場合には、次のプレイヤーは0のカードを出せます。 その場合、0を出したプレイヤーがストーンを獲得します。 ただし、同じ場に出ているカードと同じ色の0カードしか出すことができません。 さらにそのまた次のプレイヤーが0を出した場合には、最後に0を出したプレイヤーがストーンを獲得します。 10に合計したカードが全て同じ色で、かつ、0カードであがった場合は、ストーンを3つもらえます。 

 

ポイント


場から流れたカードは、カード置き場に見やすく並べます。カード置き場のカードは全て表向きの状態なので、その情報を基に他のプレイヤーの手札を推理しましょう。 カードは色ごとに0~9が各1枚なので、他のプレイヤーのカードの色、手札の並び順をヒントに推理しましょう。

 

お取り置き予約 ※予約受付は終了しました


マーケット当日のお取り置き予約を受け付けています。

定価:3,000円(税込) のところ、

ゲームマーケット特別価格:2,500円(税込) にてご購入いただけます!

※お取り置きは、4月23日(土)のみとなります。

予約数が上限に達した場合は、受付を中止させていだきます。ご予約はこのページ上部の「予約希望」をクリックするか、ゲーム概要の表の予約「可」をクリックして、予約フォームからご入力をお願いいたします。

 

 

 

ゲーム体験

スタンダード, キッズ, 推理, ボードゲーム,