ナコシ書房

神の見える手

¥1,500

神になったら、何をする?

ゲーム概要

  • シンプルなシステムの複数人対戦型カードゲーム!
  • 「神」となったプレイヤーがシステムを引っかき回す!
  • 「神」は持ち回り制! 最後は合計点で勝負を決めよう!
プレイ人数 4〜6人 プレイ時間15〜30分
対象年齢10歳〜 価格1,500円
発売時期2021秋 予約
ゲームデザイン水池亘 イラスト・DTPeruri

ゲーム詳細

 パッケージ表面

 パッケージ裏面

 カード一式

 

たった24枚(+1枚)のカードで対戦する、シンプルなカードゲームです。4人から6人まで同時に遊べます。

ゲームは複数のセッションにより構成されます。

プレイヤーはセッションごとにひとりの「神」とその他の「人」に分かれ、それぞれ目的や行動が異なります。

「人」は5枚(5人プレイ時)の数字カードを場に並べ手札とし、それを減らしつつ得点を稼ぎます。

行うことは、他の「人」たちの手札から1枚を選んで引くだけです。そこに書かれた数字カードと自分の手札がペアになったら、それがそのまま得点になり、手札から消えます。

手札は必ず数字の小さい順に並べなければいけません。また1~6と7~12のカードで裏面の色が異なります。これらは相手の手札を推測する大きなヒントになります。

このように、「人」だけであればシンプルながら頭を使うシステムのゲームです。

しかしここに「神」が登場します

「神」はシステムの外にいます。「神」の目的は、各「人」の獲得点数をできるだけ均一にすること。そのために、法外な手段を駆使します。

「神」はカードを移動できます。

「神」はカードを交換できます。

「神」はカードを公開できます。

「神」はカードを追加できます。

これら常識外の「神の手」により、「人」たちは戦略の変更を余儀なくされるでしょう。とはいえ「神」も目的に沿って動いています。それを推測することは「人」にも可能です。頑張りましょう。

セッションが終了したら「神」の役目は別の人に移ります。全員が1回「神」となったらゲーム終了です。合計点が最も高いプレイヤーが勝利となります。

以下に説明書を掲載しますので、詳しいルールはそちらをご覧ください。

   *

 

本作はゲームマーケット2021秋にて初販売予定です。

以下に予約フォームを設けましたので、ご利用ください。

https://ws.formzu.net/dist/S89296079/

ゲーム体験

スタンダード, ボードゲーム, その他,