BLUEGUILD

From the Golden Records

¥2,200

宇宙に散らばったGolen Recordsを回収しろ!

ゲーム概要

  • “音楽を聴いて、クラップで表現する”、“重力の強さをタッチで伝える”etc...限られた条件下で正確に情報を伝えてクリアを目指す、協力型コミュニケーションゲームです
  • 遭難者は救助者へ、自分の居場所を知らせる救難信号を送り、救助者はそれを解読します
  • 制限時間内に、正確に特定できればゲームクリア!
プレイ人数 3〜7人 プレイ時間8〜15分
対象年齢6歳〜 価格2,200円
発売時期2021春 予約 不可
ゲームデザインKentaro イラスト・DTPArata,Shuya

ゲーム詳細

『From the Golden Records』のゲーム紹介第②弾です!

(前回分はこちらをご覧ください)

今回は、ゲームの詳しい流れと、ゲーム内で使用するボードとデバイスについてご紹介します!

〜ゲームの詳しい流れ〜

ゲームは、以下の⓪〜⑤のフェーズを1回ずつプレイします
フェーズ①・②・③・⑤をプレイする間、プレイヤー間の会話は禁止です!!

 ⓪準備:
  遭難者と救助者が円状に座り、救助者は遭難者の姿が見えないよう後ろ向きに座ります。
  救助者:ボードのQRコードを読み込み、デバイス画面を表示させます。
  遭難者:座標情報カードを1人1枚引き、QRコード読み込みます。デバイス画面を表示させます。


 ①X軸フェーズ
  遭難者はデバイスから流れる音源を聞き、音声で救助者へ伝えます。
  救助者は遭難者達から聴こえてくる音声をもとに、X座標を特定します。

 ②Y軸フェーズ
  遭難者はデバイスから流れる音源を聞き、クラップで救助者へ伝えます。
  救助者は遭難者達から聴こえてくる音をもとに、Y座標を特定します。

 ③重力値フェーズ
  遭難者はデバイスに表示されている重力値の数だけ、救助者の肩を叩きます。
  遭難者は全員で一斉同時に叩き、 救助者はブラックホールを中心とした
  同心円状のどのあたりに遭難しているか当たりをつけます。

 ④景色情報フェーズ
  遭難者は、スマホ画面に表示されている景色画像を見て、
  表示されている景色を救助者に言葉で伝えます。
  捜索者は、遭難者が見ている景色を判別し、座標内の四分割されたabcdのうち、
  どこの区画に遭難しているかを特定します。

 ⑤位置情報入力フェーズ
  特定した遭難者の位置情報をスマホデバイスで入力します。
  重力値が小さい遭難者から順に入力する必要があります。

時間内に、救助者が遭難者の位置を正確に特定し、正しい順番でデバイス上で入力できたら成功となります!

 

〜ゲームで使用するもの〜


↑宇宙観測ボード:救助者はこのボードを使い、位置を推測します。付属のホワイトボードマーカーで書き込むことができます。
 


↑救助者用デバイス:X音源・Y音源を聴くことができます。また制限時間を確認できます。

ゲーム体験

推理,

Twitter

https://twitter.com/BlueguildV

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=vGlPo-I8pk4&t=17s