スピカデザイン

盈月列車(えいげつれっしゃ)

¥2,600

正体隠匿 チーム戦 兆(キザシ)を手掛かりにして勝利を目指せ!

ゲーム概要

  • 緋・蒼・紫に分かれ、正体を隠したチーム戦
  • 兆(キザシ)を手掛かりに、自陣営の月を集め、一閃!
  • 月ノ石を分け合い行動力にする。行動予約制。
プレイ人数 3〜6人 プレイ時間20〜30分
対象年齢8歳〜 価格2,600円
発売時期2020秋 予約 不可
ゲームデザインスピカデザイン 大下バルサラ イラスト・DTP大下バルサラ

ゲーム詳細

[2020年 秋 新作 正体隠匿チーム戦ボードゲーム]

《目的》

緋・蒼・紫に分かれ、正体を隠し、自陣営の月を3枚表向きにした状態で「一閃」を引き当てれば勝利となります。月の枚数が同数の場合は紫が勝利します。

どの陣営のプレイヤーが「一閃」を引いても条件がそろっている陣営の勝利となります。

《準備》

◆行動・陣営カードをシャッフルし陣営を決定します。

◆説明書の内容にそって山を作り、図の様に並べます。


陣営・行動カードをシャッフルして配る


図の様にカードを配置

《開戦》

《自陣営の勝利条件》

蒼陣営は、蒼の月を3枚表にして「一閃」を引き当てよう。写真左

緋陣営も同様。

紫は、表向きになっている月が同数の時に「一閃」を引けば勝利。

いずれも「一閃」を引くのは誰でも良く、条件がそろっているチームが勝利する。

《1車両移動》

3枚を1車両とし、自分の駒を1車両分移動できます。とどまる事も可能です。次手順で行われる「見る」「授かる」は、自分がいる車両のカード3枚のうちからしか選択できません。


勝利条件


1車両移動

《月ノ石を分けて、行動予約》

 

《月ノ石の分配》

プレイヤーの行動力は、月ノ石の数で決まります。その総数は毎回変動し、2つの山に分けてどちらが欲しいか同時に指をさし分配します。

選ばれなかった石は消滅し、1人しか選ばなかった場合総どりになります。

当然、石が手に入らなくて行動できないプレイヤーも出てきます。

《行動予約》

プレイヤーは同時に自分の行動を選択し、石を配置します。

全員が配置したら、手番のプレイヤーから順番に処理していきます。

「動く」→1車両移動

「見る」→車両内のカード1枚を見れます

「授かる」→車両内のカードをめくり、効果を発動します。


月ノ石を分け合う


行動は予約制

《兆(キザシ)をヒントに月や一閃を探そう》

《兆をヒントに勝利を目指そう》

カードには「兆(キザシ)」が書かれています。

説明書の方法でカードを配置する事で、車両ごとに兆が偏る仕組みになっています。

緋の兆のある車両には、緋の月がある可能性が高く、

蒼も同じです。

兆無は、緋、蒼それぞれに1枚づつ入るので、それもヒントになります。

これをシャッフルするカードや、陣営が入れ替わるかも知れないカードもあります。

是非、手に取って遊んでみてください。

《概要》

◆対象年齢 8才~122才
◆プレイ人数 3~6人
◆プレイ時間 20分~30分

◆月ノ石カード 7枚
◆列車カード 18枚
◆陣営・行動カード 7枚
◆プレイヤ駒 6個
◆スタートプレイヤーマーカー 1個
◆月ノ石 9個 ※色はゲーム毎に違います。また選べません。
◆取説2枚

◆兆(キザシ)を手掛かりに自陣営の月を3枚表向きにした状態で「一閃」を引けば勝利。
◆月の枚数が同数なら紫の勝利

◆行動回数は月ノ石を分配して決定
◆行動予約制なので周囲の行動を予測して勝利を目指そう

ゲーム体験

正体隠匿系,