符亀

リーサルチェックメイト

¥2,000

ゲーム概要

  • カードを使って盤上のコマを動かし、強化し、攻撃しましょう。
  • なお、端まで行くと盤が回ります。うまく利用して相手を詰ませましょう。
  • コツコツダメージを与えるか、一発逆転を狙うかは、プレーヤーのあなた次第です。
プレイ人数 2人 プレイ時間10〜30分
対象年齢12歳〜 価格2,000円
発売時期2020春(開催自粛) 予約 不可
ゲームデザイン符亀 イラスト・DTPCrocotile

ゲーム詳細

・概要

3×4の盤上でコマを動かし戦う、チェス風の2人用ゲームです。

手札からカードを使うことで、コマを移動させたり攻撃させたりすることができます。相手に3回ダメージを与えられれば勝ちです。

ダメージを受ければ当然敗北に一歩近づきますが、手札の枚数が増えます。これとタイトルにもなっている「リーサル」システムにより、手札を調整して一発逆転を狙うことも可能です。


体力を示すダメージカウンターのカード。攻撃を受けるごとに手札が増えていく様子が表されています。


 

・コンポーネント

このゲームには、22枚のカード、4つのコマ、そしてフィールドとなる盤がコンポーネントとして入っています。

カードは、それぞれのプレーヤーごとに共通の11枚ずつを使用します。1枚が体力を示すカード、1枚がカード一覧を表すサマリーであり、残り9枚がコマを動かし攻撃させるためのカードです。


前一列を攻撃する「ケンタウルス」のカード。このゲームでは、チェスと違い移動しながら攻撃することはできません。


 

コマはチェスのコマを使用しており、盤上で動かすポーンと、ダメージカウンターカードの上に乗せて今の体力を示すコマの2つが、白黒2色で計4つ入っています。

盤は、3×4マスのチェス風の盤です。シートではなく、厚みがあり大理石風に仕上げています。

各コンポーネントについて、詳しくは後日ご紹介します。

 

・基本ルール

各プレーヤーは、自分のターンに手札からカードを出していきます。

カードには移動用のものと攻撃用のものがあります。左上の文字がMのものが移動用で、Aのものが攻撃用です。


横に移動する「サイドルーク」のカードです。これと「ケンタウルス」を合わせれば、相手を追い詰められます。


 

使ったカードは、3枚まで場に残ります。その場にあるカードに攻撃カードが含まれており、かつ相手がその範囲に入っていれば、相手のコマを攻撃します。

(例えば、前に攻撃する「ケンタウルス」のカードを出す→「サイドルーク」で相手のコマの前に動くという順に行動すれば、移動後に相手への攻撃が行われます。)

攻撃された相手は、1枚だけ移動カードを出すことができます。その移動の結果攻撃範囲から逃れられればダメージを受けませんが、逃れられなかったり手札に移動カードがなければ、ダメージを受けてしまいます。また、一旦逃れてもまた相手のターンに戻るため、追撃を受けるかもしれません。

こうしてダメージを与えあい、3回ダメージを受けた方が負けです。

 

・回る盤

各プレーヤーのコマが盤の一番相手側の列に進んだ時、盤が回転します

例えば、黒が手前側のプレーヤーのコマであり、「ケンタウルス」で前の白のコマを攻撃したとします。

この時、白がナナメに移動するカードを使って黒のコマの真横に逃げると、奥側の白のプレーヤーにとって「一番相手側」の列まで進んだため、盤が回転します。


これにより、黒のコマの「前」が盤の外になってしまったため、「ケンタウルス」のカードは効果を発揮しなくなってしまいました。

このように盤の回転によって相手を弱体化することもあれば、逆に回転したせいで攻撃範囲に飛び込んでしまうこともあります。

上手く回転を見極め、常に有利な立ち位置を取り続けることを目指しましょう。

 

・「リーサル」

このゲームでは、相手にダメージを与えると、自分の番がそこで終わってしまいます。

つまり、基本的に1ターンにつき1ダメージしか与えられません。

しかし、自分の体力を1削ることにより、手札の許す限り何度でもダメージを与えられるようにすることができます

このルールを、「リーサル」といいます。

このリーサルは2回ダメージを受けた状態でも宣言でき、そのターン中に相手の体力を削り切れば逆転勝利することができます。

1ダメージずつ与えて確実に勝利するのか、あえて攻撃を受けたうえで「リーサル」を宣言し一気に削り切るのか、それはプレーヤーのあなた次第です。

 

 

この「リーサルチェックメイト」は、開催されればゲームマーケット2020春にて2000円で頒布予定です。

試遊卓もございますので、どうぞ遊びに来てください。

予約も行う予定ですので、今後の広報にご期待ください。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

ゲーム体験

スタンダード,