戸塚工房

遠方の星

¥3,500

ゲーム概要

  • 宇宙を舞台にしたワーカープレイスメントゲーム!
  • スタートプレイヤーのいない新しいシステム!
  • ランダムマップで毎回異なるゲーム体験!
プレイ人数 3〜4人 プレイ時間40〜60分
対象年齢10歳〜 価格3,500円
発売時期2018大阪 予約 不可
ゲームデザイン戸塚中央 イラスト・DTP

ゲーム詳細

プレイヤーの目的は、自分の分身であるワーカーを宇宙の片隅から「遠方の星」へ送り届けることです。

 

各プレイヤーは共通ボード上に最初3体のワーカーを持ち、最大10体まで増やすことが出来ます。

そのうちの4体をコストを支払い「遠方の星」へ配置出来れば勝利です。

ボード上には13のアクションプレイス(拠点)が存在し、その拠点を順繰りに巡っていくことでゲームは進行します。つまりプレイヤーごとの手番という概念はありません。

拠点には個人でアクションを発動出来る汎用拠点、他プレイヤーと協力しなければ発動出来ない共同開発拠点の2種類が混在します。それらはゲームごとにランダムで配置することも可能です。

ワーカーはこのボード上を上下左右に行き来しながら、資源を集め、仲間を増やし、「量子転送装置」という拠点を通ることで、ようやく遠方の星へたどり着けます。

ボード上に自分のワーカーが増えれば増えるほど、資源は豊富になっていくでしょう。しかしどこかのタイミングで遠方の星へ送らなければなりません。

そのタイミングを見極め、他のプレイヤーよりも一歩先んじて勝利を目指してください。

 

ゲーム体験

スタンダード,