ツマヤ

あのアレなヤバイ動物

¥1,500

ゲーム概要

  • 研究者と探検隊に別れます。
  • 探検隊は動物カードを確認して、語彙力カードを引いて手札にします。
  • 研究者は質問をします。探検隊は手札の語彙力カードだけで質問に答えます。
プレイ人数 3〜6人 プレイ時間5〜15分
対象年齢10歳〜 価格1,500円
発売時期2018秋 予約
ゲームデザイン佐藤田鈴木 イラスト・DTP佐藤田鈴木

外部サイト:ボドゲーマ

ゲーム詳細

 

あなたは、未開の地へどんな動物が生息しているのか調査に行きましたが、使える言葉が急速に失われる奇病にかかってしまいました。

あなたは残されたわずかな言葉を用いて、どんな動物を発見したのか説明しなければなりません!

-------------------------------------------------------------------------------------------



20の質問のような、ものあてゲームですが、返答に用いる事ができる語彙力が非常に限られています。

動物を当てる【研究者】が1人と、動物を説明する【探検隊】複数人に分かれてプレイします。

-------------------------------------------------------------------------------------------

【探検隊】は、全員で動物カードを一枚引いて、そこに書いてある動物を確認します。

確認したら、語彙力カードを1人3枚づつ引いて手札とします。

【研究者】は、【探検隊】に「形容詞や副詞で答えられるような質問」で質問をしていきます。

「体の大きさはどうですか?」「強さはどうですか?」「草に対してどうですか?」

等です。

【探検隊】は、全員でその質問に自分の手札の語彙力カードのみを用いて返答をしていきます。

Q「体の大きさはどうですか?」

A「やばい!」「ドン!」「すごい!」

ヒントを出すために、手札の語彙力のみを用いて雑談をすることも可能です。

質問が一周したら語彙力カードを改めて引き、語彙力カードが引けなくなったら全員敗北、動物が当てられれば全員勝利となります。

伝えたいのに伝わらない、意味はわかるのに何を言ってるのかわからない、わいわいした雰囲気を楽しめる非常にライトなゲームになっています。

-------------------------------------------------------------------------------------------



また、使用できる語彙力が少なすぎるため、英語話者と日本語話者が同時にプレイすることも可能です。

ゲーム体験

キッズ,