PANTS(大炎笑制作委員会)

炎上シミュレーションカードゲーム「大炎笑」・亡くなった人について語り合うためのゲーム「ないはずの記憶」を開発・販売しています。大炎笑制作委員会あらため「PANTS」というチーム名になりました。



ゲムマ2019秋には新作の試作品と、これまで開発したゲームをもって参加します。新作のテーマは「ゲームで、結婚はもっと楽しくなる!といいなぁ。」。メンバーの結婚をきっかけに開発中!ぜひ、ブースにお越しください。

大炎笑制作委員会
2019/4/27 14:07
デザイナー情報

デザイン炎上シミュレーションゲーム「大炎笑」

亡くなったあの人との新しい思い出をつくるゲーム「ないはずの記憶」
※拡張パック:自分がお葬式でなんと語られるか、がシミュレーションできる「もしも私が死んだなら」
Twitter
連絡先◆「大炎笑」販売サイト
https://daienjo.theshop.jp/

◆「大炎笑」更新情報
https://www.facebook.com/daienjo/
その他
参加ブース

炎上シミュレーションカードゲーム「大炎笑」を開発・販売しています。タレント・矢口真里さんの壮絶な炎上体験を聞き、萎縮せずにもっと思ったことを素直に言える世の中にしたいと思った有志の集まりです。

ゲムマ2019春に、新作ゲームをもって参加します。今度のテーマは「故人の思い出」。亡くなった大切な人のことを思い出しながら新しいエピソードをつくり、どれがいちばんその人らしいかを競うゲームです。亡くなった人との思い出を語る場所・時間を増やしたいという思いからつくりました。タイトル「ないはずの記憶」。よろしければ、試遊しにきてください。自分がお葬式でなんと語られるのか、がシミュレーションできる拡張パック「もしも私が死んだなら」も同時発売です。