異言語Lab.

ブース概要

異言語Lab.は、異なる言語を使用する者同士から生み出されるコミュニケーションの試行錯誤、ひとつひとつの言語の魅力を探り合い、新しいコミュニケーションの形を提案していくラボラトリーです。体験型エンターテイメント「脱出ゲーム」に手話を応用した「異言語脱出ゲーム」を考案しました。手話や音声・日本語を織り交ぜた謎の数々は聴者とろう者・難聴者が一緒にゲームに参加し助け合うことで解いていくことができる新感覚スタイルです。見落とされてきた従来のコミュニケーションの可能性や人々の新しい関わり方を共に発見すべく活動をしています。

出展コメント

ゲームマーケット初出展になります!今回、2種類のキットを制作しました。異言語脱出ゲーム初の謎解きキット「異言語箱1」、イメージを相手と共有しながら遊ぶキット「シェイプ イット!」です。 視覚コミュニケーションを試行錯誤しながら、伝え合う、分かり合う中で「コミュニケーションの本質」を深く考えるきっかけになれれば、と願っています。

その他

IGENGO Lab is a group that proposes new forms of communication by exploring the appeal of each language through trial and error of communication created by people using different languages. The representative of IGENGO Lab is Deaf, and the members consist of Deaf and hearing. (Web site http://igengo.com/ . Sorry, this website is only in Japanese but maybe you can get the image of our group.) We produced 2 types of game kits. 1) "IGENGO Box 1(Interlingual escape game Box 1)" This is puzzle solving kit for interlingual escape game. 2) "Shape it! " This is a game kit to play while sharing images with your opponent. We hope that it will be a chance to deeply think about the "essence of communication" through communicating and understanding while conducting trial and error in visual communication.

新着ゲーム このブースのゲーム一覧へ