架神恭介ワークス&BoDoGeGo

『戦闘破壊学園ダンゲロス』『ダンジョン&ダンゲロス』などを開発した架神恭介ワークスと、ボードゲーム専用マッチングアプリ『BoDoGeGo』による共同開催ブースです。

横田卓馬先生と初プレイ
2017/4/2 14:30
ブログ

週刊少年ジャンプ『背すじをピン!と』の作者であり、本ゲームのメインビジュアルを務めた横田卓馬先生と一緒に初プレイをしてきました。スタッフさんのツイッターを引用。
















横田先生、ありがとうございました! またギャザもご一緒させて下さい!!


 
 *
 
さて、昨日のゲーム会では、横田先生とのプレイの他にも計3ゲーム行いまして、他6名の方とプレイして感想を頂いております。

「一枚一枚のカードの能力が尖っている割にはうまく回っている。パッと見、ぶっ壊れが何枚もいるけど、なんだかんだでバランスが取れている」

「低いレベルのカードでも渡り合えるし、前半戦で多少不利になっても、カードごとの能力が色々あるから割と何とでもなる感がある」

「リアルラックと火力のバランスが良い。でも、最終的に分かったことはやっぱり最後は火力が重要」

「カードコンボが決まると楽しい(決まらなかったけど)」

「エロ本が強い」

「パンダさんが強い」

「カード性能も大体把握できたので、ちゃんと分かった状態でもう一回やりたい」


激戦の末に勝ち抜いたプレイヤーの方が、勝利した瞬間に立ち上がってガッツポーズをしていたのが印象的でした。困難な戦いを勝ち抜いた時に生じる感情の高まりをゲームデザイナー用語で「フィエロ」と言うのですが(サッカーとかで勝利した瞬間にガッツポーズするあの感覚)、その姿を見た瞬間に、「あ、フィエロってる!」と思ったものです。プレイヤーにフィエロを感じてもらえるゲームにできたのは作り手として感無量です!



そんなこんなの、ダンゲロスボードゲームは5/14(日)、ゲームマーケット春にて会場特別価格にて発売いたします。ご予約はこちらから! 5/11まで予約受付中です。

■イベント情報!

4/6 先行体験会(@JELLYJELLYCAFE下北沢店)

僕がお手製の試作品を持ってインストに行きます! 先着4名様・要予約のイベントですのでお早めにご予約下さい。イベント枠埋まりました。

他の店舗さまにも試作品を持ってお伺いしますので、体験会のお誘いなど、ご遠慮無くお声がけ下さい。媒体さまでの取材・寄稿などもウェルカムです。個人のゲーム会にもお誘い頂ければ持参いたします。ご連絡はこちらまで。