おいしいたにし

ゲームブックや、カードゲームを作っています。
ゴシックホラー、ミステリー、怪談など、怖いものが中心。

代表作は、カードゲーム「∞怪談(無限怪談)」、ゲームブック「鏡のなかへ」「青の匣」

ゲームブック 青の匣<上> 作品紹介
2016/2/3 19:01
ブログ

この本は、ゲームブックです。
あなたは吸血鬼の少女ミランダになって、19世紀ヨーロッパの世界を旅します。

・ ページ数 約250ページ
・ パラグラフ数 317

文中に『▼移動する……256へ』のような選択肢が現れた場合、適当なものを一つ選択し、
その番号のパラグラフ(段落)に移動し読み進めます。

 

上巻のあらすじをマンガにしてみました。

 

青の匣マンガ


■ 一章 墓に届いた手紙

十九世紀。
欧州でさかんに行われた「吸血鬼狩り」

これから逃れるため、吸血鬼の少女ミランダ
五十年のあいだ埋葬されていました。

青の匣<上>


かつての恋人の孫により、五十年後、ミランダ
ついに掘り返されます。

そして自分の墓に奇妙な手紙
供えられていたことに気が付きました。

手紙に隠された、今は廃墟となった屋敷の
「とある場所」とは・・・?

青の匣<上>


■ 二章 地図を片手に街を探索

「吸血鬼狩り」に黒幕が居ることを知り、
復讐に燃えるミランダ。

舞台は十九世紀ロンドンをモデルとした、
華やかな都市へ移動します。

青の匣<上>


昼のパートは情報収集

地図に書かれた番地(パラグラフ番号)を読むと、
そこへ行って探索したことになります。

情報が集まるにつれて、番地が空欄だった場所にも行けるように。


青の匣<上>



夜は街を徘徊し、「吸血」で仲間を増やします。

情報や仲間が集まったら、敵の陣地へ潜入調査
出来るようになります。

青の匣<上>


主人公ミランダのパラメータには【邪悪】【時間】などがあり、
探索で【時間】を使いすぎたり、
吸血で【邪悪】が増えすぎると、悪いことが・・・。



■ 三章 ダンジョンマッピング

そして三章、窮地に陥った主人公は
広大なダンジョンをマッピングしながら出口を探します。

生死も危うい闇の中で見つかった意外なものとは?

青の匣<上>







■ ご予約

取り置きを予約フォームから承っております。




 上巻についての概要はこちら → ゲームブック【青の匣<上>】

 下巻も頒布中です → ゲームブック【青の匣<下>】