一石ラボ

細々と、一人でボードゲームを作っています。
2018大阪が初参加です。
大航海時代の提督になって、空白の地図を埋めていくゲーム、ブランクワールド~Complete the Atlas~がデビュー作です。

デルタ鉄道ができるまで-10
2020/2/26 7:35
ブログ

す一石ラボのCRAZYRATです。

ゲームマーケット2020大阪で頒布するデルタ鉄道株式会社⊿railways inc.(デル鉄)ですが、メイキング的な内容をご紹介しながら、どんなゲームかを説明していきたいと思っています。

初めて見る方は、こちらからどうぞ。

 

さて、今回ご紹介するのは、パスボーナスカードです。

デルタ鉄道株式会社では、1ラウンドが建設、出勤準備、運行、生産の4つのフェイズに分かれています。

プレイヤーが能動的に行動するのは、そのうち建設フェイズと運行フェイズなのですが、そのフェイズは始発プレイヤーから時計回りに、全員がパスをするまで、何周でも続きます。

そして、パスをした際に、早い者勝ちでもらえるボーナスが、このパスボーナスカードに書かれています。



補助金は、町からの補助金をもらうとともに、次の始発プレイヤーを獲得します。
しかも、1ラウンド目は$3Mですが、2ラウンド目は$7M、3ラウンド目は$15Mと、倍増以上のインフレ率となります。(3~4人プレイの場合。2人プレイ用は裏面になります。)

また、始発プレイヤーを取る事は、戦略的には、非常に重要な意味を持ちます。
建設フェイズでも、運行フェイズでも、先手番有利であるのは間違いありません。


 



余剰資材は、町の外で余っている資材を融通してもらえます。
資材は、建物の建設に必要で、町に在庫がない場合は1個$4Mで購入しなければなりません。
そう考えると、金額に換算すると、1~2ラウンド目は補助金より少し高め、3ラウンド目は補助金の方が特に感じます。
しかし、3ラウンド目に獲得した資材は、実際に使うタイミングとしては、ラウンド終了後にある最終フェイズとなります。
最終フェイズでは、町外の資材も値上がりして、1個$10Mもするのです。

つまり、3ラウンド目の余剰資材は、$30M相当の価値がある事になります。

ただし、建設資材はあくまでも建設にしか使えませんので、所持金が伴っていなければ、余らせてしまうことになりかねませんが…

 



鉄オタは、その鉄道会社の列車に乗りたい、という熱烈なファンを獲得します。
運行フェイズで、いつでも運送できる乗客となる住民コマを獲得するか、ファンの応援活動による自社のイメージアップにより、勝利点を獲得するかを選択する事ができます。

乗客がいない場合、列車は回送運行する事になるのですが、その場合は$2Mを支払う必要があります。
しかし、乗客がいると、線路1本進むごとに$1Mの運行収入を得ることができますので、マイナスをプラスにできる、という事で、状況によっては他の2種類のパスボーナスより大きな価値があるかもしれません。

 

いずれのボーナスも、状況によってはゲームをひっくり返す展開につながります。
敢えて早くパスする、という戦略も、有効に使っていきましょう。

 

今回は、この辺にしておきます。
次回は、その他のコマについて、ご紹介していきたいと思います。

 

ゲームマーケット2020大阪での、一石ラボ作品の取り置き予約を行っています。
ご予約はこちらまで。

デルタ鉄道株式会社⊿railways inc.だけでなく、旧作ブランクワールド、ギャラクティックパワーズ銀河大国も、ご予約いただければ持ち込みいたします。
よろしくお願いします。

 

また、デルタ鉄道株式会社の説明書を公開しています。
詳細はこちらのブログ記事で。