一石ラボ

細々と、一人でボードゲームを作っています。
2018大阪が初参加です。
大航海時代の提督になって、空白の地図を埋めていくゲーム、ブランクワールド~Complete the Atlas~がデビュー作です。

デルタ鉄道ができるまで-02
2020/2/11 19:15
ブログ

一石ラボのCRAZYRATです。

ゲームマーケット2020大阪で頒布するデルタ鉄道株式会社⊿railways inc.(デル鉄)ですが、メイキング的な内容をご紹介しながら、どんなゲームかを説明していきたいと思っています。

初めて見る方は、こちらからどうぞ。

 

さて、次に鉄道が開通したことによって、自然に町が発展する、という仕組みをどう考えるか、という問題でした。

最初は、NPCがランダムに建設をして、既に建設済みの場所であればそこを増築、という仕組みでした。
そのため、ボードを6×6区画にして、6面ダイスを2つ振る、という形だったのです。

それだけでは、同じ場所が出る確率が1/36と少なすぎるので、大きい目を横、小さい目を縦として、ボードの右上半分のみがNPCが発展させる町、左下半分はプレイヤーが建設しなければ発展しない町、として見たのです。

しかし、プレイヤーは自分たちが建物を建てたエリアに駅を置く傾向がありますので、NPCの町は鉄道によって発展した、とは言い難い状況でした。

これでは、再現したい雰囲気は出ていません。

その後、プレイヤーが駅を作ると、その近くにNPCが建物を建てる、という方式を思いつきました。
そして、その建物が有効に活用されたら、ニーズが高い、という事なのでNPCが増築する、という仕組みを考えたのです。

これがベースとなり、現在のルール、駅を作るとNPCがマンションを建設する、という事になりました。

これにより、駅ができるとマンションができ、マンションができるとそこから住民が運ばれ、そしてマンションが更に増築される、という流れができ、まさに鉄道によって町が自然に発展する、という雰囲気が作れたのです。

 

今回は、この辺にしておきます。
次回は、建設の建設について、ご紹介したいと思います。

続きはこちら

 

ゲームマーケット2020大阪での、一石ラボ作品の取り置き予約を行っています。
ご予約はこちらまで。
デルタ鉄道株式会社⊿railways inc.だけでなく、旧作もご予約いただければ持ち込みいたします。
よろしくお願いします。