CUBE Project

CUBE Projectは、大阪・東京を拠点に活動する創作グループです。 システム研究開発、ウェブサービス開発運営、ボードゲーム研究開発をしています。

CUBE Project ウェブサイト

Instagram
@cubeprj

Moin Moin(モイン・モイン)専用オプションマーカー
2019/11/21 19:33
ブログ

こんにちは!
CUBE Projectです。

今回はMoin Moin(モイン・モイン)のオプションマーカーを紹介します。
これらはMoin Moin(モイン・モイン)のゲーム本体とは別売りで、なくてもモイン・モインは遊べますが、あればより面白く華やかになるものばかりです!

Moin Moin(モイン・モイン)のルールはこちらを御覧ください。

1.モインマーカー

Moin Moin Option #1

Moin Moin(モイン・モイン)はゲームが進むにつれて、挨拶しなければならない回数がだんだん増えていきます。
その回数はシャッフル・プラスワンカードが表になっている枚数プラス1で数えることができますが、その回数をこのマーカーでわかりやすく示すことができます。
モインマーカーは3枚セットで、1枚目の表裏にそれぞれ1と2、2枚目には3と4、3枚目には5と6の数字が描かれています。
シャッフル・プラスワンカードがめくられるたびにこの数字を増やしていって、挨拶する回数を記録しておきましょう!

2.フィニッシュマーカー

Moin Moin Option #2

ゲームが始まると各プレイヤーの前には16枚のカードが裏返しになっています。
このうち、モインカード7枚とモイン・モインカード3枚の合計10枚のカードが表になった状態を「フィニッシュ」と呼びます。
Moin Moin(モイン・モイン)は全員がフィニッシュ状態になったときにゲーム終了となるのですが、誰がフィニッシュになったのかをわかりやすく表示するのがこのフィニッシュマーカーです。
各プレイヤーは自分がフィニッシュ状態になったら、フィニッシュマーカーを受け取って自分のカードの上に置きましょう!

3.シャッフルラインマーカー

Moin Moin Option #3

Moin Moin(モイン・モイン)のゲームが一番動くのが、誰かがシャッフル・プラスワンカードをめくったときです。
シャッフル・プラスワンカードがめくられると、それ以降の挨拶をする回数が増えるのと同時にどこか1列がシャッフルされます。
どこがシャッフルされたのかをうっかり忘れてカードをめくってしまうのも楽しさの一つですが、このマーカーを置いておくことでうっかりを防ぐことができます。
シャッフルが起こった時にこのマーカーをシャッフルした列の横に置きましょう!

Moin Moin(モイン・モイン)
プレイ人数: 2-5人
プレイ時間: 20-30分
対象年齢: 8歳以上
内容物: カード80枚、得点チップ26枚、遊び方説明書
日本語、English、Deutsch

Moin Moin(モイン・モイン)の予約はこちら


Moin Moin(モイン・モイン) 公式サイト
Moin Moin(モイン・モイン)



CUBE Project ウェブサイト
CUBE Project


Made in Japan
©2019 CUBE Project