RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

メソポタミアの扉/ペルセポリス宮殿

デザイン 千夜一葉
イラスト 猫転餅
人数 3~4人
時間 40~60分
年齢 12歳~
価格 4000円
発売 2018秋
予約
3行で説明1古代メソポタミアをテーマにした木製オムニバス・ボードゲームの遊び方の1つ
3行で説明2相手と競いながらも、共に点数を得るために半分協力するゲーム
3行で説明3中央に巨大な建造物が出来る達成感!

メソポタミアの扉は、下記の5つのゲームを遊ぶことが出来ます。それぞれをクリックすることでゲームの内容が表示されます。

シュメールの遺丘 ウルとウルク ヒッタイトの戦車 バビロンの聖塔 ペルセポリス宮殿

Web掲載ゲーム:ネコ2世襲来ウルクの絵文字ナンナ神殿


このゲームは、柱をボードに置き、その上に天井を置くことで、柱1本につき得点が入ります。
柱は高い階ほど高得点になります。

アケメネス朝ペルシアの王、ダレイオス1世は帝国の首都として
巨大な宮殿を構えたペルセポリスの建築を行い、帝国は最盛期を迎えます。
しかし、紀元前331年マケドニアのアレキサンダー大王が、アケメネス朝を滅ぼし、
ペルセポリスを破壊したことで、メソポタミア文明は終焉を迎え、ヘレニズム文化に飲み込まれていきます。

「メソポタミアの扉」はこれだけのコンポーネントが入っており、組み合わせで幾つもの
ゲームを遊ぶことを目指しています。製品には5つの遊び方が紹介されていますが、
HPには別の遊び方も公開しています。

ホームページはこちら



ブース名
ブース番号
2019春 土-L13 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@chiyakazuha
その他
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet1.htm
トップへ