RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

メソポタミアの扉/バビロンの聖塔

デザイン 千夜一葉
イラスト 猫転餅
人数 3~5人
時間 15~40分
年齢 10歳~
価格 4000円
発売 2018秋
予約
3行で説明1古代メソポタミアをテーマにした木製オムニバス・ボードゲームの遊び方の1つ
3行で説明2バッティング×バランスゲーム のパーティーゲーム!
3行で説明3いつ塔が崩れるかを見極めながら、ギリギリまで高く積もう

メソポタミアの扉は、下記の5つのゲームを遊ぶことが出来ます。それぞれをクリックすることでゲームの内容が表示されます。

シュメールの遺丘 ウルとウルク ヒッタイトの戦車 バビロンの聖塔 ペルセポリス宮殿

Web掲載ゲーム:ネコ2世襲来ウルクの絵文字ナンナ神殿


このゲームは、柱と板を積んでいくバランスゲームです。
他のプレイヤーとサイコロの目が被らないように目を決め、被らなければその数だけ置けます。
いち早く、柱を使い切ったプレイヤーが勝利します。
但し、柱を崩してしまったら、負けですので、崩れると思ったら置かないのも手です。

新バビロニア王国の王となったネブカドネザル2世は、
バビロンに巨大なマルドゥク神殿を建設しました。
そこで建てられた聖塔(ジッグラト)は、後世に「バベルの塔」として語られることになります。

 


「メソポタミアの扉」はこれだけのコンポーネントが入っており、組み合わせで幾つもの
ゲームを遊ぶことを目指しています。製品には5つの遊び方が紹介されていますが、
HPには別の遊び方も公開しています。

ホームページはこちら



ブース名
ブース番号
2019春 土-L13 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@chiyakazuha
その他
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet1.htm
トップへ