RSS

ゲームマーケット大賞 優秀賞発表
 

ホーム > 出展ブース一覧 > ゲーム詳細

メソポタミアの扉/シュメールの遺丘

デザイン 千夜一葉
イラスト 猫転餅
人数 2人専用
時間 15~30分
年齢 12歳~
価格 4000円
発売 2018秋
予約
3行で説明1古代メソポタミアをテーマにした木製オムニバス・ボードゲームの遊び方の1つ
3行で説明2板を配置してコマを動かし、板が配置できなくなった時点で高い位置にいる方が勝ち
3行で説明3初期配置が異なるので何度も遊べる対戦アブストラクトゲーム

メソポタミアの扉は、下記の5つのゲームを遊ぶことが出来ます。それぞれをクリックすることでゲームの内容が表示されます。
また、ゲームマーケット2018秋の予約特典として追加の遊び方「セミラミスの空中庭園」が付きます。

シュメールの遺丘 近日公開予定 ヒッタイトの戦車 近日公開予定
近日公開予定

 


プレイヤー2人がそれぞれの民族となり、都市を互いに建築していきます。
都市は、都市の上にも建築でき、積層構造になります。
民族コマを動かし、ゲーム終了時により高い位置に民族コマがあった方が勝利します。
このゲームは運の要素の無いアブストラクトゲームで、先を読む戦略を楽しむことが出来ます。

シュメール人は、チグリス川とユーフラテス川の間の肥沃の三日月地帯に文明を築きました。

河川はたびたび氾濫し、都市は土砂で埋まり、人々はその都度、都市を再建しました。
こうして都市遺跡が丘の様になりました。これを遺丘(テル)と呼びます。
このゲームは、板を都市に見立てて上に上に積んでいきます。
コマは部族でより高い位置に都市を築いた方が勝利します。


「メソポタミアの扉」はこれだけのコンポーネントが入っており、組み合わせで幾つもの
ゲームを遊ぶことを目指しています。製品には5つの遊び方が紹介されていますが、
後ほど、HPには別の遊び方も公開予定です。

ホームページはこちら



ブース名
ブース番号
2018春 土-H17 体験卓あり

ブース詳細
Twitter
@chiyakazuha
その他
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~usa_neko/1800_v2/sheet1.htm
トップへ