PURPURIN

Conservateur

¥1,500

ゲーム概要

プレイ人数 2〜4人 プレイ時間20〜30分
対象年齢6歳〜 価格1,500円
発売時期2015春 予約 不可
ゲームデザインAndo イラスト・DTPyoshiwo

ゲーム詳細

Conservateur(仏語)[コンセルヴァトゥール]
- 博物館、美術館、図書館、公文書館のような資料蓄積型文化施設において、施設の収集する資料に関する鑑定や研究を行い、学術的専門知識をもって業務の管理監督を行う専門職、管理職を指す。

ストーリー:


フランスの美術館を取り仕切るコンセルヴァトゥール(学芸員)達は今日も美術品の整理に大忙し。
ダヴィンチの絵は何枚持ってるんだっけ?向かいの美術館にいっぱい飾ってあるルノワールはうちにはあんまりないのかな?早く整理しないと開館時間に間に合わないぞ!

ゲーム概要:


『Conservateur』は各自が美術館の学芸員となって自分の持つ絵画カードの枚数を当てるゲームです。

プレイヤーは各自のターンに自分の手札にある絵画カードの枚数を予想します。
予想するのは相手の手札ではなく自分の手札、このゲームでは自分の手札が全く見えないのです。

カードには8人の画家達による名画が描かれていますが、各画家の絵画カードを何枚ゲームで使うかはゲーム開始時に秘密裏に決められ、同じ枚数にならないよう各1~8枚のカードがシャッフルされて各プレイヤーに配られます。

eye-catch_conservateur_02

プレイヤーが自分の手札を予想する手がかりは3つ。
1つは、目の前に広がる他プレイヤーの手札達。
もう1つは、画家によってカードの枚数が異なるということ。
そして最後の手がかりが他プレイヤーの予想です。

『あの人はどんな意図でその枚数を宣言したのか・・・』
相手の思考を想像することで自分の手札が浮かび上がります。

ターンを経るごとに増えていく情報に、頭が痛くなること間違いなし。
シンプルなルールでありながら、プレイヤー間の駆け引きと論理パズルの面白さを兼ね備えた悩ましいゲームです。

コンポーネント:


箱

箱はブックカバーをイメージしたシックなデザインに仕上げました。

eye-catch_conservateur

カードに描かれた多数の名画達が頭を悩ます大人たちのゲームを引き立てます。