ゼロビットゲームズ

ウンババ

¥2,000

【かけ算】×【大富豪】

ゲーム概要

プレイ人数 2〜5人 プレイ時間15〜30分
対象年齢8歳〜 価格2,000円
発売時期2023春 予約 不可
ゲームデザイントイ・ワイヤス イラスト・DTPのの

ゲーム詳細


とある民族には、伝統的な「かけ算」のお祭りがあります。お祭りのしきたりはとても簡単。トーテムポールに似た偶像を使って、他の人より強い精霊を召喚するだけ。でも、今回のお祭りはイタズラ好きの精霊「ウンババ」が一部の偶像に宿ってしまいさぁ大変。プラスとマイナスの数値がめちゃくちゃになってしまった!
『ウンババ』のイタズラを上手くコントロールして、誰よりも早く手札を出し切りましょう。
もし、最後までお祭りに残ってしまうと……。

  1. 説明書    ……………………………………1冊
  2. 失点駒 ……………………………………25個
  3. カード    ……………………………60枚
    ┣ プラスカード:+1~+12    ……各1枚
    ┗ マイナスカード:-1~-12   ……各4枚

前のプレイヤーが出したカードよりもかけ算の値が大きくなるようにカードを手札から出していき 、誰よりも早く12枚の手札を出し切りましょう。
カードを全て出し切ったプレイヤーはラウンドから抜けていき、最後の1人になるまでラウンドを続けます。
ラウンド終了時、一番最初にラウンドから抜けたプレイヤー以外は順位に応じた個数の失点トークンを受け取り、再び次のラウンドを始めます。もし、このときに失点トークンの数が5つ以上になったプレイヤーがいた場合は直ちにゲームが終了します。
ゲーム終了時に最も失点トークンが少ないプレイヤーが勝者となります。

  1. 全てのカードを裏向きにしてよく混ぜ、各プレイヤーに12枚ずつ裏向きで配り手札にします。余ったカードは次のラウンドまで使用しません。遊ぶときに邪魔にならない位置に裏向きのまま置いて下さい。
  2. 各プレイヤーは配られた手札を確認して、その中から任意のカードを3枚選びます。
  3. 選んだ3枚のカードを裏向きでテーブルの中央へ置き、全員が同時に表向きにします。
  4. 前回のラウンドで手札を出し切った順番が早い人から、場のカードから1枚カードを獲得していきます。(1回目のラウンドでは年齢が若いプレイヤーから順番にカードを獲得していきます)
  5. 中央のカードがなくなるまでこの手順を繰り返し、全員の手札が再び12枚になったらラウンドの開始です。

  1. 前回のラウンドで一番最初に手札を出し切ったプレイヤーが最初の親です。(1回目のラウンドでは年齢が最も若いプレイヤーが最初の親になります。 )親プレイヤーから時計回りで手番を行います。
  2. 親のプレイヤーは場に出す最初のカードを手札から選びます。この時、カードに書かれた数字が同じなら一度に何枚でもカードを出すことができます(プラスとマイナスの符号は無視します)。
    ただし複数のカードを同時に出した場合はかけ算が発生します。
    マイナスを含むかけ算のため、カードの組み合わせ次第では数字が大きいカードの方が弱くなる場合があるので注意して下さい。
  3. 次のプレイヤー以降は、現在場に出ているカードより強くなるようにカードを出していきます。カードの出し方は2種類あります。
    ■前のプレイヤーが出したカードと同じ枚数のカードを重ねて出す。
    ┗複数のカードを出す場合は手札の中の同じ数字の (プラスとマイナスの符号を無視した)カードしか選べません。
    ■前のプレイヤーが出したカードと同じ数字のカードを隣に並べる。
    ┗(プラスとマイナスの符号を無視した) 数字が同じカードなら何枚でも同時に出すことが出来ます。


    いずれの場合も、前のプレイヤーが出したカードのかけ算の結果以上になるように、カードを出さなくてはいけません
  4. カードが出せない、または出したくない場合はパスを宣言して、左隣のプレイヤーに手番を譲ります。
  5. もしパスを宣言したプレイヤーに再び手番が回ってきた場合は、手札からカードを出すかパスを宣言するかを改めて選ぶことができます。
  6. カードを最後に出したプレイヤーまで全員が連続でパスを宣言したら、場に置かれたカードを全て裏向きにして捨て札にします。(捨て札はゲーム終了まで確認することができません)
  7. 最後にカードを出した人が次の親となり、手札から新たにカードを選んで場に出します。

  1. 手札を全て出し切ったプレイヤーはラウンドから抜けていき、ラウンドに参加しているプレイヤーが最後の1人になったらラウンドの終了です。
  2. 最初にゲームから抜けたプレイヤー以外は失点トークンを1つ、最後までラウンドから抜けられなかったプレイヤーは失点トークをさらにもう1つ(合計2つ)獲得し、次のラウンドの準備を始めます。

  1. ラウンド終了時に失点トークンを5つ以上獲得した人がいたらゲームが終了します。
  2. 最も失点トークンの数が少ない人が勝者です。もしも失点トークンの数が同じだった場合は、最後のラウンドでより早くラウンドから抜けたプレイヤーが勝者となります。

Q.ラウンドから抜けたプレイヤーが最後に出したカードはどうなるの?
A.場に残ります。他のプレイヤーは通常通りに手番を行って下さい。

Q.ラウンドから抜けたプレイヤーが次の親になったらどうするの?
A.ラウンドから抜けたプレイヤーの左隣のプレイヤーが次の親になります。

Q.前のプレイヤーが出したカードの強さが【1】の時、【-1】のカードを2枚追加して並べることは出来る?
A.前のプレイヤーが出したカードのかけ算の結果以上になるので、カードを出すことが可能です。

ゲーム体験

スタンダード, ボードゲーム, その他,

YouTube

https://youtu.be/Yd36ALXOLsU