ヤネカンのボードゲーム工房

式神召喚っ!

¥2,000

相手の手札を推理して式神バトルを生き残れ!

ゲーム概要

プレイ人数 3〜5人 プレイ時間10〜15分
対象年齢12歳〜 価格2,000円
発売時期2022秋 予約
ゲームデザインヤネカン,はやて,へいや イラスト・DTP沼から現れた

ゲーム詳細

【どんな人向け?】

  1. 短い時間でも、しっかりと戦術を考えたい人
  2. ゲーマーに進められる、気軽に持ち運べる軽いゲームを求めている人
  3. 色々なシチュエーションがあって、リプレイ性の高いゲームを求めている人
  4. 「ラブレター」にもう少しやりごたえを足したいと思ったことのあるゲーマーな人

【概要】

プレイ人数:3~5人

プレイ時間:10分

カード 31枚(88×63 mm)・・・ゲームマーケットチャレンジ作品

【どんなゲーム?】

「ラブレター」や「ニューロストレガシー」のような、手札が1枚、山札から1枚引き、2枚からどちらかを選ぶ系列のゲームです。

選んだ手札の効果を処理しながら、山札が尽きたときに発生する《最終決戦》で勝利するか、他のプレイヤーを全て脱落させることを目指します。

このゲームでは前述のゲームと異なる点として《守護札》があります。

《守護札》はゲーム開始時に手札とは別に裏向きに配られ、場に置かれるカードです。

《守護札》と《手札》の関係

《守護札》が裏向きの状態で相手に攻撃された場合は、表向きにする《守護召喚》を行うことで一度だけ耐えることができます。

《守護召喚》は相手に攻撃されたとき、《守護札》を裏向きから表向きにし、横書きの効果を処理するまでをいいます。

《守護召喚》にはカウンターを仕掛けたり、特殊な状況を引き起こしたりするものがあります。

《守護召喚》の効果例

  • グーすけの《守護召喚》の効果は「相手1人の手札を見る。」

  • 星詠みの宝玉の《守護召喚》の効果は「《最終決戦》が始まる。」

とくに星詠みの宝玉はルールで《守護札》にくる確率が高くなっているので、うかつに攻撃したら山札が残っていても《最終決戦》になります。

しっかりと式神を使役しながら情報を集め、自分の《守護札》をうまく活用し、戦略的に戦っていきましょう!

【説明書】

ゲーム体験

スタンダード, エキスパート, 正体隠匿系, 推理, はったり/ブラフ,

Twitter