ボドゲーン同好会

マーダーミステリー【夕凪の振り子】

¥2,500

ゲーム概要

  • GM不要
プレイ人数 7人 プレイ時間120〜150分
対象年齢15歳〜 価格2,500円
発売時期2022秋 予約 不可
ゲームデザインボドゲーン同好会 イラスト・DTPボドゲーン同好会

ゲーム詳細

 その町は、海と山に囲まれていた。

 その町は、黄昏に語られる伝承を持っていた。

 その町は、朝霧に咽ぶ憂いを持っていた。

 その町は、夕凪の名を持っていた。

 そんな夕凪町の中心近くに、1校の高校がある。これはその高校に通う7人の少女たちの物語である。

 

 その日は、夏休み目前。しかし期末テストは更に目前という、暑く厳しい日のことだった。

 テスト期間中であるため、最低限の活動を除いて、部活や委員会は休みになっていた。ようこは、いつものメンバーで下校していた。部活や委員会が無い日は、7人全員で駄弁りながら帰れる貴重な機会。見逃すのは惜しい。

 騒がしく響く蝉の声は、時雨という言葉が見事に当てはまる。遠く海上に見事な入道雲。うだるような暑さとはこのことか。少女たちのとりとめもない会話は、さながら立ち上る陽炎の如く中身が揺れる。そうしている中で、1人また1人と人数は減り。皆往々に帰路へ付く。また明日、そんな言葉もいつもの日常であった。

 

 そして翌日、ようこが入院したとの知らせが残る6人に伝わったのである。警察からうけた説明では、原因は転倒による後頭部の強打。意識ははっきりしているが、後頭部を強打したせいで、当日の記憶は曖昧との話だった。まさに青天の霹靂とはこのこと、6人は急ぎ放課後にようこの病室へと集まった。

 

「倒れた時に、誰か、知っている人がいた気がするわ」

 とは、これすなわち、ようこの言である。その一言は、皆にある決意を抱かせた。警察は既に事故扱いであり、これ以上この件で動くことはないだろう。ならば自分たちでその人物を探し出し、事の真相を暴こうと。

ゲーム体験

マーダーミステリー,