Jugglers☆Party

令和狐狸合戦こんぽこ

¥500

キツネとタヌキの化けくらべ! 12枚のカードで4人で遊ぶ「協力するけど個人戦」なゲームです!

ゲーム概要

  • 化けくらべをするキツネとタヌキ、どちらが勝利するかを当てるゲームです!
  • 各プレイヤーは1回ずつ、2枚のカードを他プレイヤーと交換して、「誰が、どちらに投票するか」を予測して投票します!
  • 化けくらべは、葉っぱが多い方が勝ち!勝った方を推していたプレイヤーに、1勝利点! 3点先取したプレイヤーの勝利!!
プレイ人数 3〜4人 プレイ時間10〜30分
対象年齢6歳〜 価格500円
発売時期2022秋 予約 不可
ゲームデザインSoMay イラスト・DTPSoMay

ゲーム詳細

「こんぽこ」ルール

物語:ある日、みなさんは深い森に迷い込みました。

そこで、キツネとタヌキに出会います。彼らに帰りの道を教えてもらう代わりに、皆さんは彼らの“化けくらべ”の立会人をすることになりました。

 

人数:3~4人 時間:~30分 対象年齢:6歳~

概要:“化けくらべ”をするキツネとタヌキのどちらが勝つかを予想して当てる。

勝利条件:3勝利点を先取したプレイヤーが勝利。

 

注意:

・プレイヤーは自分や他人の手札の内容を発言してはいけません。

・各自の持ち点は常に公開します。

 

カード内訳(合計12枚)

葉っぱ(4枚):“化けくらべ”は葉っぱの枚数がより多い方の勝ちになります。

2枚の葉っぱ(1枚):葉っぱ2枚分と数えます。

キツネ、タヌキ(各2枚):“化けくらべ”に投票するためのカードです。 

頭に葉っぱをのせたキツネ、タヌキ(各1枚):“化けくらべ”に投票するためのカードです、葉っぱを1枚分多く数えます。

おじぞうさま(1枚):手番を最後に行うプレイヤーであることを示すカードです。

 

ゲームの流れ

【こうかん!】プレイヤー間でカードを交換する。

【とうひょう!】「キツネ」と「タヌキ」どちらかに投票する。

【けっさん!】投票の結果から勝利点を配る。

【しょうぶ!】3勝利点を先取したプレイヤーの勝ち。

 

ゲームの準備

カードを良く切り混ぜ全員に3枚ずつ配ります。

※3人プレイの時は、「キツネ」「タヌキ」「葉っぱ」を1枚ずつ抜いて合計9枚にして配ります。

 

【こうかん!】

【重要!!】最初のラウンドのみ、【こうかん!】を行わず【とうひょう!】から開始します。

「おじぞうさま」を持っているプレイヤーの左隣のプレイヤーから右回りで全員が1度ずつ手番を行います。

※「おじぞうさま」カードを持っていることを明らかにした後は、カードを手札に戻します。

 

① 手番が来たら、自分以外のプレイヤーの手札から2枚を引きます。パスはできません。

※1人から2枚引いても、2人から1枚ずつ引いてもかまいません。

※カードを引く時は、他人にカードの中身が見えないように引いてください。

 

 

② カードを引き終わったら、手札の中から選んだカードを返します。全員の手札が3枚ずつになったところで手番は終了です。

 

③「おじぞうさま」を持っているプレイヤーまで手番が終了したら【とうひょう!】に移ります。

 

【とうひょう!】

① すべてのプレイヤーは、手札にある「葉っぱ」を すべて表向きにして自分の前に出します。

 

 

「こんぽこポン!」の掛け声で全員一緒に残った手札の中から「キツネ」か「タヌキ」のどちらか1枚を 表向きにして自分の前に出します。

※「おじぞうさま」は出せません。

「キツネ」か「タヌキ」が手札に無いプレイヤーは【とうひょう!】に参加することができず、このラウンドでは勝利点を もらえません。

 

 

例:ジャック、ベティ、トム、ナンシーの、4人で遊びます。【こうかん!】の結果、ジャックの手札は、「葉っぱ」「葉っぱ」「おじぞうさま」になってしまいました。ジャックは、「キツネ」も「タヌキ」も持っていないので【とうひょう!】に参加できません。

【けっさん!】

①「キツネ」を出したプレイヤーと、「タヌキ」を出したプレイヤーを分けます。

 ※「キツネ」か「タヌキ」どちらか一方しか出なかった場合は、出た方の不戦勝です。

 

②「キツネ」と「タヌキ」双方が出したカードに描かれた「葉っぱ」の枚数を比べます。枚数の多い方の勝ちです。同数だった場合は、“あいこ”です。

※「キツネ」「タヌキ」の頭に乗っている「葉っぱ」も枚数に加えます。

※【とうひょう!】に参加できなかったプレイヤーの出した「葉っぱ」は、数えません。

 

 キツネ側の葉っぱが多い→キツネの勝ち

 タヌキ側の葉っぱが多い→タヌキの勝ち

 双方同じ数→あいこ

 

 

③ 勝った側に投票したプレイヤー全員は、1勝利点をもらえます。“あいこ”だった場合は、誰も勝利点をもらえません。

例:【とうひょう!】で、ベティが「キツネ」を トムとナンシーが「タヌキ」を出しました。「キツネ」側のベティが出した「葉っぱ」の数と、「タヌキ」側のトムとナンシーが出した「葉っぱ」の数とを比べます。

「キツネ」側のベティは、2枚 「タヌキ」側のトムとナンシーは、合計4枚でした。このラウンドは「タヌキ」の勝ちです。トムとナンシーは勝利点を1点ずつ受け取ります。なお、ジャックは【とうひょう!】に参加できなかったので、どちらが勝っても勝利点は入りません。ですが、「おじぞうさま」が手札にあるので、次のラウンドでジャックは、最後に手番を行うプレイヤーになります。

 

【しょうぶ!】

勝利点が3点になったプレイヤーがいたらゲームは終了です。まだ誰も3点になっていなければ、自分の前に出したカードを自分の手札に戻し【こうかん!】からゲームを続けます。

物語:みなさんが“化けくらべ”に立ち会ってくれたことに、キツネとタヌキはとても感謝します。みなさんを森の入り口まで案内してくれたばかりか、お礼にと沢山のどんぐりをくれました。

 

FAQ

Q1:手札に「葉っぱ」が1枚もないんだけど【とうひょう!】に参加できますか?

A1:はい。【とうひょう!】には、「キツネ」か「タヌキ」どちらかがあれば参加できます。【けっさん!】では、出した「葉っぱ」の枚数にかかわらず、1勝利点を得られます。

 

Q2:3勝利点を得たプレイヤーが複数いたんだけどどうしよう?

2:3勝利点を得たプレイヤーがその時に出した「葉っぱ」の枚数を比べて、より多い方が勝ちとします。それでも同じだった時は、同着1位とします。

 

「令和狐狸合戦 こんぽこ

 

ゲームデザイン:SoMay

E-Mail: somay@somay.sakura.ne.jp

Twitter: @somaybrave

監修・協力:ジャグラーズ☆パーティ

Twitter: @JPMCU

2022 ©SoMay

ゲーム体験

スタンダード, キッズ, エキスパート, 3桁ゲーム, はったり/ブラフ, バッティング,