小日本銀行

Junior Hanafuda

¥1,980

新しくデザインされた新時代の花札

ゲーム概要

  • 賭博や賭け事のイメージが強い日本古来の遊戯「花札」をアイコンデザイナーが大胆にリニューアルしました。
  • 花札をよく知らない人でもすぐにわかる遊びに生まれ変わっています。
  • マジシャンも使う最高品質の印刷技術で製造しました。
プレイ人数 2〜7人 プレイ時間〜分
対象年齢3歳〜 価格1,980円
発売時期2022春 予約 不可
ゲームデザインルイ・マンティア イラスト・DTPルイ・マンティア

ゲーム詳細

アメリカ人デザイナーが大胆にリニューアルした新時代の「花札」です。

以下、デザイナーズコメントです。

 

2年前に花札の存在を知ったとき、私はすぐに恋に落ちました。日本から数十組の花札、花札や日本のデザインに関する本、そして何百枚ものデジタル画像を集めました。友人の愛理と京都に行き、200年以上花札を作り続けている大石天狗堂を訪ねました。

In hanafuda, there are twelve different suits with a flower or plant to represent each one. That's a lot to keep track of. Not to mention, each card illustration is unique. When I started playing some games with my friends, I noticed that new players often had trouble identifying or distinguishing suits. In an effort to make hanafuda more approachable for new players, I searched for an appropriate symbolic solution to these problems. 

花札には十二種類のスートがあり、それぞれのスートに花や植物が描かれています。 それはそれで大変なことです。もちろん、カードのイラストも一枚一枚が個性的です。友人とゲームを始めてみて気付いたのですが、初心者はスートの見分けるのが難しいことに気が付きました。花札をもっと親しみやすいものにしようと、これらの問題を象徴的に解決する方法を探してみました。

For hundreds of years, clans, families, and organizations have used mōn to represent themselves. You can find examples of these symbols throughout Japan on both modern and traditional objects, like drums, flags, roof tiles, kimono, cars, airplanes, and even in video games. Mōn seemed like the right direction for Junior Hanafuda.

何百年も前から、藩や家族、組織は自分たちを表すために「紋」を使ってきました。太鼓、旗、瓦、着物、車、飛行機、ゲームの中など、現代的なものから伝統的なものまで、日本中のあらゆる場所でこのシンボルの例を見ることができます。 ジュニア花札には「紋」が適しているように思えたのです。

As an icon designer, mōn appealed to my sensibilities and I became excited about the prospect of creating a system of consistent mōn for every flower, plant, animal, and object found in hanafuda. Every mōn in Junior Hanafuda was precisely drawn to complement each other, while remaining visually distinct for the benefit of players.

アイコンデザイナーである私の感性の中で、花札の花、草木、動物、オブジェのすべてに一貫した紋があることにワクワクしました。ジュニア花札では、プレイヤーのために視覚的に区別しながらも、お互いを引き立て合うように緻密に描かれています。 

In Junior Hanafuda, mōn for each suit are placed in the corners as indices, while the kind of the card is depicted with the color and pattern surrounding the mōn in the center. 

ジュニア花札では、各スートの「紋」が隅にインデックスとして配置され、カードの種類は中央の「紋」を囲む色や模様で描かれています。

 Junior Hanafuda is poker size and the card back design feels both classic and entirely new, exhibiting plants and animals similar in theme but not typically found in hanafuda. It features bamboo along the edges, sparrows in the corners, and Mt. Fuji in the center. 

ジュニア花札はポーカーサイズで、カードバックのデザインは古典的でありながら全く新しい感じがし、花札にはあまり見られないようなテーマの植物や動物が描かれています。外枠には竹、四角には雀、中央には富士山が描かれています。

The result is a hanafuda deck unlike any other. Each deck includes 56 cards. In every deck, there are 48 standard cards along with some bonus cards that allow you to play with up to 4 players. While no instructions are included with the deck itself, rules for various games can be viewed on and printed from the Junior website: junior.cards 

その結果、今までにない花札デッキが出来上がりました。各デッキには56枚のカードが入っています。各デッキには48枚のスタンダードカードと、最大4人で遊べるボーナスカードが入っています。デッキ自体には説明書はありませんが、様々なゲームのルールはジュニアのホームページ( junior.cards )で見ることができ、印刷することもできます。

Junior Hanafuda will be manufactured by The United States Playing Card Company in Erlanger, Kentucky. They are famous for Bee® and Bicycle® decks, and are known around the world for the quality of their playing cards. Junior Hanafuda will be printed on premium card stock with their classic embossed finish.

ジュニア花札は、ケンタッキー州アーランガーにあるU.Sプレイングカード社が製造しています。彼らは、Bee®やBicycle®のデッキで有名で、トランプの品質の高さで世界的に知られています。ジュニア花札は、クラシックなエンボス加工が施されたプレミアムカードストックに印刷されます。

The Complete Collection and Deluxe tiers feature a very special paulownia wood box, made in Nagato, Japan. The Deluxe tier also contains a signed, uncut Phoenix sheet.

コンプリートコレクション(完全版)とデラックス(豪華版)の2段には、山口県長門市で製造されたの特別な桐箱に入っています。デラックス(豪華版)には、サイン入りのノーカットのフェニックス·シートも入っています。

Junior Hanafuda has been very important to me over the past couple years and I look forward to making many more cards from around the world for you, your friends, and your family to enjoy. Thank you very much for considering this project. 

ジュニア花札はこの数年、私にとってとても大切なものでしたので、これからも世界中のカードをたくさん作って、皆さんやお友達、ご家族に楽しんでいただけることを楽しみにしています。今回のプロジェクトを検討してくださった方、本当にありがとうございました。

ルイ・マンティア

ゲーム体験

スタンダード,