日本卓上開発

ゲーム概要

  • 「希望」の効果と「絶望」の効果を上手く使い分けて勝利を目指せ!
  • 簡単なルールと奥深いゲーム性!
プレイ人数 2〜4人 プレイ時間5〜10分
対象年齢12歳〜 価格2,500円
発売時期2020春(開催自粛) 予約
ゲームデザイン磯野 薫 イラスト・DTP

ゲーム詳細

数々のボードゲームの賞を受賞している大人気ゲーム『ラブレター』をベースとし、ゲームデザイナーのカナイセイジ氏協力の元、
『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の世界観をモチーフに再構築したゲームです。

プレイヤーは希望ヶ峰学園の生徒となり、様々なキャラクターたちと協力しながら、モノクマへ手紙を届けて学園からの脱出を目指します!

 

【ゲームの特徴】

①「希望」の効果と「絶望」の効果を上手く使い分けるのが鍵!

本ゲームはプレイしているモードによってキャラクターカードの使用する効果が変わるため、毎回違うゲーム展開を味わうことが出来ます。
「希望」の効果は通常の『ラブレター』と同じものですが、「絶望」の効果では一転してハイリスクな内容が多くなっています。

希望を信じて前に進むか、絶望に堕ちて全員を破滅へ誘うのか。
全てあなたの選択次第です!

②簡単なルールと奥深いゲーム性!

『希望モード』と『絶望モード』の切り替えるタイミングや相手の手札を読んで戦う戦略性など、わずか16枚のカードとシンプルながらも
ゲーム中に発生する極限の読み合いは盛り上がること必至です!

ボードゲーム初心者から経験者まで幅広いユーザーが何度も楽しく遊ぶことが出来ます。

ゲーム体験

スタンダード, ボードゲーム,

YouTube