一般社団法人 Do It Yourself

ゲーム限界都市™

¥3,190

毎ターン発生する社会問題で市民の幸福が減少!財源と政策を使って幸福点を競うデッキ構築型ゲーム

ゲーム概要

  • 毎ターン発生する社会問題で市民の幸福や人口が減少!
  • プレイヤーは市長として、財源と政策を使い、市民の幸福(生きがい/健康/所得)獲得を目指す
プレイ人数 1〜4人 プレイ時間15〜60分
対象年齢12歳〜 価格3,190円
発売時期2020秋 予約
ゲームデザイン イラスト・DTPsnowsphere

ゲーム詳細

~~ゲームの特徴~~

〔ひとりでもみんなでも遊べる〕このゲームは最大4人まで一緒に遊ぶことができ、運と戦略のバランスや、繰り返し楽しめるゲーム性から、麻雀に近い雰囲気が魅力です。同梱の「追加ルール」を適用することで、1人でも遊べて、離れたプレイヤーとランキングで競うこともできます。

〔得点(幸福点)がどんどんマイナスに〕毎ターン発生する社会問題によって、得点や人口が減少していきます。放置すると都市の破綻を招きます。

〔やみつきになる政策コンボ〕手札に複数の政策カードがある場合、条件によっては組み合わせて使うことができ、大きな効果を得ることができます。

〔やり込むほど面白い奥深さ〕この手のゲームに慣れていない方では、ル―ルなどを覚えるのに少し時間が掛かるかもしれません。ゆっくり遊びながら覚えてください。高得点を得るためのアプローチは無限にあります。

〔ゲーム愛好家からの声〕

・バカ笑いしながら身内で遊べた

・家族や仲間で楽しむパーティーゲームとして面白い

・社会問題カードとかの解決フレーバーはがんばってる

・社会問題カードがあることで、いろいろな政策カードを獲得するモチベが生じている

・人口が勝利点に関わるのは面白い

 

~~いろいろあります~~

〔遊び方動画あります〕デッキ構築型が難しくてYouTubeに頼った経験から、遊び方のYouTube動画を用意しています。 https://youtu.be/FqJ4uSZLfYI

〔1人用WEB版やオンライン対戦版もあります〕特設ページでは、1人用WEB版や、オンライン対戦版を用いた体験会やゲーム大会をご案内しています。※このページの埋め込み動画は大会のダイジェストです。

 

~~プロジェクトについて~~

1.はじまりは2017年衆院選での違和感でした。中学生が5年も経てば選挙に行く時代、社会問題や政策に関心を持つ経験的な接点が少ないまま、選挙の時だけ投票を求めたら、よけいに遠ざかってしまうのではないか。

2.社会的課題に関して積極的な意思表明や行動をしない普通の人々に働きかけるため、ゲーミフィケーションの研究と実践に取り組んできました。79種の社会問題カードと、標準セットの12種類の政策カード(追加カード88種と合わせると100種)をきっかけに、ニュースや新聞記事への関心を促すゲーミフィケーションです。

3.2020年11月、遊びの中で生まれる社会問題や政策の存在への気づきについて、日本最大の政策コンテスト「第15回マニフェスト大賞」にて、応募総数2,842件の中から優秀コミュニケーション戦略賞をいただきました。

 

開発の動機はマジメですが、学び重視ではなく、面白さに全力のゲームです。ぜひお試しください!

ゲーム体験

デッキビルディング,

YouTube